週刊ポストに『淳ちゃん先生』の書評が掲載されました

川本三郎さんに週刊ポストで『淳ちゃん先生』をご紹介いただきました(2月1日)。
「淳ちゃん先生」とは『ひとひらの雪』『失楽園』などで知られる渡辺淳一のこと。朝日新聞の編集記者として早くから原稿を依頼していた著者による回想記。人柄を深く知る著者だけに人間味にあふれる作家の評伝にもなっている。
(中略)編集者に慕われた作家だった。担当編集者たちとよく食事をし、旅行にも行った。それで「淳ちゃん先生」と呼ばれた。女性との噂の絶えない夫を陰で支えた賢夫人の存在も大きい。
ありがとうございました!