斎藤美奈子さんに『ウェイリー版源氏物語』第4巻を書評していただいています

「週刊朝日」2019年8月30日号、文芸評論家の斎藤美奈子さんの「今週の名言奇言」で、『ウェイリー版源氏物語』第4巻を取り上げていただきました。
第4巻には「宇治十帖」の後半、光源氏の息子(実父は柏木?)とされるカオル(薫)を主役にした48帖「早蕨(ファースト・ハーブ)」から54帖「夢浮橋(ブリッジ・オブ・ドリームス)」までが収められている。章タイトルだけでもクスッとしちゃうが、そう、この訳書の特徴はカタカナを多用していることなのだ。おまけにカオルの一人称は「ぼく」。
〈ぼくは昔、自分のことを、少なくともほかのひとよりは清い生き方を誓った人間、と思っていた。人生のある方面とは一切関わらず、どんな心の波にも乱されることなく、平穏に生きていたのだ〉なんちゃって、まるで庄司薫か村上春樹。
(略)
第一巻を読んだときには「ベルばらみたいな王朝ロマン!」と思ったのだけど、「宇治十帖」は韓流ドラマ? ともあれ楽しくサクサク読めちゃいます。
カオルの〈みごとな草食男子ぶり〉として「ぼくが、ウジに彼女を訪ねていたときのように。」という一言が紹介されています。ありがとうございます。