『評伝プレヴェール』が「今年の3冊」に。

 12月25日付「北海道新聞」の読書面「今年の3冊」で、柏倉康夫『思い出しておくれ、幸せだった日々を 評伝ジャック・プレヴェール』が取り上げられています。選者はMARUZEN&ジュンク堂書店札幌店の菊地貴子さん。
 記憶の断片をつなぎ合わせるような手法で、詩人の人生を浮き彫りにした評伝。本の値段と厚さに怯む事なかれ。「プレヴェール詩集」が入手困難な今、作品集としても楽しめる貴重な一冊。
とご紹介いただきました。
 20世紀はだんだんと遠ざかってゆきますが、年末年始、じっくりとお読みいただければと思います(T)。