野村喜和夫さんによる『評伝プレヴェール』評

 「図書新聞」2012年1月21日号に、詩人の野村喜和夫さんによる柏倉康夫著『思い出しておくれ、幸せだった日々を 評伝ジャック・プレヴェール』の書評が掲載されています。

 「枯葉」—コスマ作曲・プレヴェール作詞のコンビが生み出したこのシャンソンの名曲は、その誕生の裏にどのような意想外の逸話を隠しているか、とりわけそして、詩人呼ばわりされるのをきらい、詩集を出すことにもあまり積極的でもなかったプレヴェールから、どうしてまた累計100万部をこえる脅威のロングセラー詩集『パロル』が生まれるにいたったのか、というような、詩人の生涯を彩るいくつかのハイライトシーンが、軽快な筆致で活写されている。まさしくページ措く能わず、である。

 本書を一詩人の評伝以上のものにしているのは、どうやらプレヴェールの特異な立ち位置だけではなさそうだ。著者柏倉氏の、なんといったらいいのか、広範な知識や情報を取り集める取材力と、そこから歴史と人間のダイナミズムをつくり出す非凡な構想力も、大いに与って力あると思われるのである。

と評していただきました。「ジャック・プレヴェールを語ることは、フランスを主舞台とする激動の20世紀そのものを語ることでもあるからだ」との言葉は、まさしく本書を繙けば感じていただけることと思います。