轡田隆史さんに大澤真幸THINKING「O」についてふれていただきました

 轡田隆史さんの「週刊現代」連載「人生のことば」第77回で、大澤真幸THINKING「O」に収載した論文「原発はノンアルコール・ビールか?」にふれていただきました。

 今回の「人生のことば」は、江夏豊投手のあの21球のときの一塁手・衣笠祥雄の「辞めるときはいっしょに辞めてやる」ということば。
 その19球目のシーンで何があったのか、江夏がカーヴの握りのまま(普通ではありえない反応を見せて)スクイズに対して、咄嗟にウエストボールを投げることができたのはなぜか。大澤さんの論文はそれを考えることから、日本社会と原発の関係を変えるヒントを探ってゆきます。

 論文は「大澤真幸THINKING「O」第10号」に収載されています。