東京新聞にて『時制論』をご紹介

2013年12月29日の東京新聞「2013 私の3冊」にて、作家の姜信子さんが『時制論 アジャンダルス4』(管啓次郎)をご紹介してくださいました。

“無尽蔵なイメージ”
今年一番の遊び心本。人間の言語はあらゆる過去を蓄えている、と管さん。その過去から誘い出された無尽蔵なイメージが、風のように水のように揺れながらほのかに結び合わされれば、読み手のなかにも詩が生まれる。

姜さん、ありがとうございました!