「週刊読書人 2014年上半期の収穫から」

「週刊読書人」の2014年7月25日号、特集「2014年上半期の収穫から」で、書店Nadiffの平野さんがインゴルド『ラインズ 線の文化史』を挙げてくださっています。
人間の活動のあらゆる場面を「ライン 線」で語るという壮大な主題でありながら、文字や楽譜、建築、織物や建築図など、誰しもどこかに引っかかるであろう実例が豊富に引いてあり、著者の思考のラインを辿る旅を味わえる。
取り上げていただき、ありがとうございました。平野さんのほかの2点は、ルイジ・ギッリ『写真講義』(みすず書房)、小柳帝『ROVAのフレンチカルチャーAtoZ』(アスペクト)です。