柏木博さんによる『ラインズ』短評

デザイン評論家の柏木博さんによる、インゴルド『ラインズ 線の文化史』短評が、「図書新聞」2014年7月19日号、2014年上半期読書アンケート号に掲載されています。

話すこと、記述すること、行為、歴史、あらゆることは「ライン・線」とかかわっていることに目をむけ、わたしたちの思考や表象が実は線的なものであることを実に興味深く語っている。冒頭の読むこと、語ること、歌うことが原初において同じものであったという視点は、音楽鑑賞に新たな視点を与えた。

ありがとうございます!