酒井順子さんによる『翻訳問答』の書評が掲載されました

2014年8月10日の東京新聞読書面に、片岡義男・鴻巣友季子『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり』の書評が掲載されました!
毎週ひとりのひとが、テーマに沿って選ぶ「3冊の本棚」コーナー。選者は「古典の現代語訳に挑戦中の今、訳業本に夢中」という酒井順子さん。

片岡義男氏と鴻巣友季子さんが、ジェーン・オースティンやサリンジャー等、数々の名作の冒頭部を翻訳合戦しているのは『翻訳問答』。それぞれの作品について二人の対談が添えられているのですが、作家と翻訳家、男と女といった立場の違いによって、翻訳ポリシーの差異があぶり出され、翻訳という行為の奥行の深さに、目眩がしそうになります。
(中略)
これらの本を読むと、“訳業”の方々ほど、日本語のことを真剣に考え、その能力向上のために研鑽を積んでいる人はいないことがわかるのでした。名訳家達は、ただ外国語が達者な人ではありません。卓越した日本語力を持つからこそ、名訳家たり得るのであって、訳業の方々の本が面白いというのは、当たり前のことだったのですね。

酒井さんが挙げているほかの2冊は、米原万里『不実な美女か 貞淑な醜女か』(新潮文庫)、野崎歓『翻訳教育』(河出書房新社)。
片岡さんは、あらゆることが翻訳されてしまう日本では、すべての問題は翻訳の問題だ、と指摘します。本書『翻訳問答』も、酒井さんが挙げているそのほかの2冊も、ただの外国語談義に収まらない刺激を秘めています。この夏の読書にぜひどうぞ。