売行き良好の、片岡義男+鴻巣友季子『翻訳問答』、朝日新聞に書評掲載!

2014年8月17日の朝日新聞読書面に、片岡義男+鴻巣友季子『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり』の短評が掲載されました。

英語を日本語に「翻訳」するとはどういうことなのか。「あてはめ主義」で行くとクールに語る作家・片岡と、「文体が降りてくる」という憑依体質の職人・鴻巣が、名高い小説の一場面を競訳し、互いの訳について話し合う。(中略)小説の語りそのものをくみ取り、言葉を選んでいく結果の、異なる二つの日本語文。細部にわたるやりとりは「翻訳」の本質に踏み込む。落語の「こんにゃく問答」を想起させる表題にもにんまりするが、片岡による英語題は「Lost and Found in Translation」。さて、これを日本語訳すれば?

ご紹介、ありがとうございました!
全文は、こちらの朝日新聞HPでお読みいただけます。
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014081800002.html