信濃毎日新聞に『ラインズ 線の文化史』短評が掲載されました

信濃毎日新聞2014年9月7日の読書面に、T・インゴルドの主著のひとつ『ラインズ 線の文化史』の短評が掲載されました。

徒歩旅行者のしるす踏み跡、ペンが残すインクの道、振り回されるつえの動き——。英国の人類学者が、何らかのライン(線)に沿って進むさまざまな人間の行動を取り上げながら、その意味を考察する。理性や確実性を示す直線は「近代性のイコン」だが、著者はまっすぐではないラインも多く例示する。ラインにまつわる豊富なイメージを連ね、読者の想像力を刺激する。

ご紹介ありがとうございます。本書には、図版も多数掲載されています。どうぞお手に取ってお確かめください!