『翻訳問答』が「ダ・ヴィンチ」で紹介されています!

ただいま発売中の「ダ・ヴィンチ」2014年11月号に、「糸井重里さんのひとめ惚れ」として『翻訳問答』が取り上げられています!

片岡義男さんが言葉について論じた本は例外なくおもしろい。やりとりをまとめた対談本ならばより読みやすいのでは。

『翻訳問答』はなかなかいい本のようだ。こういう本を棚の目立つところにおいてある青山ブックセンターに対して「やるな!」と感じた。

ちなみに、糸井さんが選んだ3冊、そのほかの2冊はリンダ・グラットン『未来企業』、松家仁之『優雅なのかどうか、わからない』でした。
糸井さん、青山ブックセンターさん、ありがとうございました!