書評サイト「HONZ」で『翻訳問答』が取り上げられました!

書評サイト「HONZ」に、HONZ編集長の土屋敦さんによる、片岡義男+鴻巣友季子『翻訳問答』の書評がアップされました! 題して「やっぱり日本の翻訳家はスゴい!

シンプルでセンス溢れる軽快な装丁、帯には江國香織と穂村弘の推薦文、著者は、僕らの世代だと、ハワイやサーフィンのイメージがすぐに浮かぶ、作家・翻訳家の片岡義男と、クッツェーの翻訳や『嵐が丘』の新訳で知られる鴻巣友季子。そしてタイトルの「蒟蒻問答」を思わせる遊び心ーー。

本を手に取れば、どうしても「洗練」「洒脱」といった言葉が思い浮かんでしまう。ところが、いざページを開くとまったく印象が変わる。ひんやりと澄んだ空気感のなかで、真剣を交えるような言葉のやりとりが続く、実に読みごたえのある一冊なのだ。

翻訳者のスゴさと孤独さへの驚嘆と感謝に溢れた書評のつづきは、ぜひ上記のリンク先で!