『ハワイ、蘭嶼』、陣野俊史さんの書評が掲載されました

日本経済新聞(2015年2月4日夕刊)に、批評家・陣野俊史さんによる、管啓次郎『ハワイ、蘭嶼』の書評が掲載されました。
管啓次郎の書く文章に接すると、自分の感覚のどこかが確実に刺激されるのが分かる。それは、たぶん、管が自分の全感覚を開放して、自然や動物に向き合っているからだろう。
(略)
大袈裟な旅行記ではない。生きたい島に出かけ、そこで感覚を開放し、呼吸する。散文詩のような文章もある。素朴な味わいのある筆致だ。
途中に挟まれている数十枚の写真が、本当に魅力的。島の温度と湿度を正確に伝えている。

ありがとうございました!