山田登世子さんが『主夫になろうよ!』をご紹介(中日新聞)

中日新聞(2015年5月3日付)「中日新聞を読んで」のコーナーで、山田登世子さん(愛知淑徳大名誉教授)が佐川光晴著『主夫になろうよ!』をご紹介くださいました。

インタビューから生き生きと生活感が伝わってくる。小学校勤務でご多忙な夫人と暮らすうち、家事や子育ての大部分を担ってきたという。「男女同権だと肩肘張ってこのやり方を選んだのとは違う。(中略)家族のことを考えて暮らしていたこうなった」と言うだけに、自然体なのがうれしい。「お茶の器一つでも、面白ぇなぁと感じることがある」という言葉に、「そうそう」とうなずく。家事の面白みはさまざまな自分流の発見があることなのだ。
 と思っていたら、翌日付朝刊の「くらし」面が企業の在宅(テレワーク)を取り上げていた。仕事のIT化によって在宅勤務がすすめば、主婦も主夫も大いに益するのではないだろうか。
 (中略)
前日の佐川氏の記事と重なって、テレワークの利用者が女性だけでなく、男性にも広がって欲しいと思った。主夫こそ少子化対策の隠れたホープなのだから。
(記事を一部引用・抜粋しております。)

山田先生、ありがとうございました!