「図書新聞」2015年上半期読書アンケート号

発売中の「図書新聞」読書アンケート号(2015年7月18日号)に、大森晋輔著『ピエール・クロソウスキー 伝達のドラマトゥルギー』が取り上げられています。評してくださったのはフランス思想・文学の澤田直先生です。
その多面性ゆえに、クロソウスキーはこれまで必ずしも正当に評価されず、神話的な側面ばかりが先行して紹介されてきたきらいがある。本書は、若き俊英が十分な時間をかけて、広範なコーパスを渉猟して仕上げた研究書ではあるが、博士論文にありがちな専門家以外を寄せ付けない「重箱の隅」的論考ではなく、コミュニケーションという主題を中心に据え、クロソウスキーという謎を見事に解きほぐしていく良書である。
ありがとうございます!