『立憲主義について』が「リーダーの本棚」で紹介されています

2015年8月2日の日本経済新聞読書面「リーダーの本棚」で、佐藤幸治著『立憲主義について 成立過程と現代』が紹介されています。

リーダーとして登場しているのは衆院議長大島理森氏。気に入った本は何冊も買って周囲にあげたりするという本を通じた人間関係の中で、本書を手にしていただいたようです。

逆に人から薦められることもあって、佐藤幸治京大名誉教授の『立憲主義について』は小泉進次郎さん(内閣府政務官)にもらいました。彼はときどき「これは面白い本です」と届けに来るんです。こちらからは長谷部恭男早大教授の『憲法とは何か』を渡しました。本を通じてできる人間関係というのもあるんですね。

本書は、ギリシア以来の人類の知の結実したものとして立憲主義の意味を探り、日本国憲法の精神を明らかにする佐藤憲法学のもう一つの成果です。多くの方に手にしていただければと思います。