『世界史の中の日本国憲法』 週刊読書人にて書評が掲載されました

週刊読書人2015年9月11日号にて、佐藤幸治『世界史の中の日本国憲法』の書評が掲載されています。
評者は先崎彰容さん(東日本国際大学教授・倫理学)です。
下記に一部抜粋してご紹介させていただきます。

(本書の)第一の特徴は、明治立憲主義と日本国憲法の連続性に注目していることだ。漸進的に議会導入をめざした明治立憲主義は、大正7年の原敬内閣をもって一定の到達をみる。だが丸山真男が論文「日本ファシズムの思想と運動」で示したように、明るさの裏面には暗黒がこびり付いていた。同時期、国内でテロルが発生し首相暗殺が起きるなど、戦争へゆっくりと歯車が動き始めた時代でもあった。
だから佐藤氏は主張する。明治憲法下で一定のデモクラシーの成果をあげながら、なぜ運用に失敗したのか。その反省をふまえて「『国のかたち』の抜本的な再構築」に取り組むべきなのだ、と。
(中略)
明治憲法に触れ、縦横無尽に各国憲法の歴史を辿り、ドイツ憲法に説き及ぶ佐藤氏が次の一文を書いたとき、後世への熱いメッセージを評者は聞き取り粛然とした――「私は、憲法の個別的な事柄について修正を加えていく必要がありうることを否定しない。しかし、憲法の本体・根幹を揺るがすようなことはしないという賢慮が必要であると思う」。

全文はぜひ週刊読書人でお読みください。
評していただき、ありがとうございます。