公明新聞に『世界史の中の日本国憲法』書評

公明新聞(2015年9月21日付)に、佐藤幸治『世界史の中の日本国憲法』の書評が掲載されています。

憲法学の泰斗である著者は、6月6日東京大学で行われたシンポジウム「立憲主義の危機」において講演を行い、聴衆に感銘を与えた。本書はその際の原稿を基に作成された書。立憲主義に関する人類の長い格闘の歴史を踏まえながら、終戦70年を迎えて今、日本国民が置かれている状況の中で、日本国憲法をどう考えるべきかについて論じた。

ご紹介くださいまして、ありがとうございました。