穂村弘さんに『桜前線開架宣言』をご紹介いただきました!

「週刊文春」のリレーコラム「私の読書日記」で、穂村弘さんに山田航編著『桜前線開架宣言』をとり上げていただきました!

「短歌に興味があるんですけど、何から読んだらいいですか」と聞かれるたびに答えに困っていた。お薦めの歌集の名前を挙げることはできる。でも、短歌をまったく読み慣れていない人が、三百首とか五百首とか歌だけが詰まった本を心から楽しめるだろうか、と不安になるのだ。
このアンソロジーのおかげで、当分は答えに迷わなくて済むようになった。パラパラと捲って興味を引かれたところから試して貰えばいいのだ。

掲載は、2016年2月10日発売号です。
ありがとうございました!