『「生きよ」という声 鮎川信夫のモダニズム』書評が聖教新聞に掲載されています

2017年7月8日の聖教新聞書評面に、岡本勝人著『「生きよ」という声 鮎川信夫のモダニズム』の書評が掲載されています。

本書は、同じく戦前から詩作し、戦後日本の文学と思想をリードした吉本隆明(1924年〜2012年)との深い交渉を踏まえ、鮎川の詩作を丁寧にたどった力作評伝。大正モダニズムの洗礼から出発し、戦中・戦後を経て晩年に至った、鮎川の詩の独自性を多面的に浮かび上がらせる。
(略)
モダニスト詩人としての叙情性と都市の感性に貫かれた作品を紹介しながら「鮎川信夫の抒情は、秩序も必然性もみえない戦後の混沌とした時空に、多様な緊張感をたたえてあらわれた」と評する。
一読すれば、大柄でモダンだったという鮎川の影は、没後31年の現在も色濃く延びていることを感じさせる。


ありがとうございます!