管啓次郎さんによる『ウォークス 歩くことの精神史』書評が掲載されました!

比較文学者で詩人の管啓次郎さんによる、レベッカ・ソルニット『ウォークス 歩くことの精神史』書評が、2017年8月19日の日本経済新聞読書面に掲載されました!
歩いてヒトははじまった。永遠の真実だ。人類はアフリカのどこかで誕生し、密林から草原への進出も、全世界への拡散も、すべては歩行とともにあった。その人類史をくりかえすかのように、個々のわれわれは歩みを学んで成長し、日ごとに慣れ親しんだ道を、あるいは未知の街路を、歩きつつ生活する。歩き、考え、発見する。さまよう、立ち止まる。歩くことについては誰もがアマチュアだ。競うべき相手などいない。感覚を全面的にとぎすます歩行とは、生きることそのものだ。
(略)
本書自体が彼女の知的さまよいの産物だが、ルソーやキェルケゴール、ソローやジョン・ミューアといった先達を暗黙の対話相手としつつ、巡礼や徒歩旅行、ハイキングや都市の遊歩といった活動の歴史と意味を考えてゆくプロセスが、著者とともに歩く長い長い散歩、そこで交わす深い対話のように思えてくる。内容と形式の、みごとな呼応。
こんな面白くて刺激的な本があるよ、と本書翻訳のきっかけをくださったのは、管啓次郎さんでした。「個と社会、歴史と地理、身体と精神をむすびつつ、市民的不服従の伝統を生きる彼女に、アメリカ的知性の最良の部分を感じる」というソルニットの傑作が多くの方の手に届きますように!