『3.11後の思想家25』が中日新聞に取り上げられました

大澤真幸編著『3.11後の思想家25 別冊THINKING「O」01』が、5月22日付の中日新聞文化面に取り上げられています。
多数刊行されてる震災と原発の書籍、そのなかでどの本を手に取るべきか、記者によるお薦めの7冊を紹介しています。
震災や原発の本では、小さな出版社の健闘が光る。その一つ『3.11後の思想家25』は、日本の未来を考える手がかりとなる思想家のガイド。編著の社会学者・大澤真幸さんや愛知淑徳大学の山田登世子教授等が、ルソーから今村仁司までの思想家二十五人の英知の中に、明日の生き方を模索するための知恵を読む。
本書の目次・執筆者はこちらからご覧ください。