『西部邁の経済思想入門』、「週刊金曜日」書評欄に掲載

西部邁の経済思想入門』(放送大学叢書019)が、発売中の「週刊金曜日」2012年11月23日号で紹介されています。
編集部選の1冊として、取り上げられています。
ケインズ派の変遷など、経済史を通して「経世済民」の在り方を複眼的に示してくれる。保守思想家による、実に科学的な経済思想解説。
本書は、80年代に放送大学教科書として刊行され経済思想史の名著として多くの方に読まれてきた書籍をベースに、あらたに「新々自由主義」「グローバリズム」「IT革命」を加筆して刊行したものです。刊行以来、好評をいただいております。