「女性自身」に朗読ダイエットの記事掲載!

ただいま発売中の「女性自身」2013年2月12日号に、ドリアン助川さんの朗読ダイエットの記事が3ページにわたって掲載されています!
大声は必要なし! ジワジワくる! スリムになるうえ脳もすっきり!
朗読するだけで自然にやせられる。そのうえ、長年の不調が改善したり、頭のトレーニングにもなって集中力もアップするとか。いいことずくめじゃありませんか!
つづけてドリアンさんが朗読ダイエットにたどり着くまで、そして朗読ダイエットの成功のコツをご紹介。
「僕はとにかくよく食べるし、お酒も10時間くらい飲むのは当たり前。中学・高校とアメフトをやっていたのですが、引退後も食べすぎ・飲みすぎは止まらず、どんどん太ってしまいました」

46歳にして基本となる腹式呼吸を学び、発声も歌も体全体で行うことを知った。腹から呼吸をし、朗読の練習も続けたところ、体に変化が。
「腹式呼吸で体すべてを使って声を出していると、何かが燃えているような充実感が湧いてきました。そして、いつの間にか体形が引き締まっていたのです」
「片頭痛にさいなまれ、風邪もひきやすかったのですが、これらが初めて解消されたのです。声も腹から出せるようになって、昔の自分が、いかに喉だけで歌っていたのかわかりました。どんなに叫んでもやせないし(笑)、声がかれるばかりだったのは、声帯だけを酷使していたせいだと、ようやく気づいたのです」
というわけで、「朗読ダイエット」が誕生!
この朗読ダイエット、ストレッチ&腹式呼吸&朗読の3つがポイントですが、もちろんしっかり成功させるには、コツがあります。ドリアンさんがあげる6か条は、
・黒豆を10分ぐらいゆで、そのゆで汁でうがいをする
・腹式呼吸は、ほかのことと同時にやらない
・朗読は必ず立って行う
・朗読の題材はなんでもOK! ただし初めは短編など短いものから
・その日の感想、声の調子などを記す『朗読日記』をつけよう
・朗読会の開催と、盲人用の朗読ボランティアなど社会貢献をしよう
というもの。くわしくは記事をご覧ください!