ジュンク堂の「書標」で『NPOの経営は工夫次第』が紹介されています

ジュンク堂書店が毎月発行している書評誌「書標」の2013年5月号に、川口善行『NPOの経営は工夫次第』がおすすめの新刊として紹介されています。
今でこそNPOについてマスコミ報道などで見聞する機会は増えたが、一般の人にとってその内実はまだまだ未知の部分が多く、果たしてそれでメシが食ってけるのか、家族を養っていけるのか、という疑問を抱く人も少なくないのではないだろうか。本書ではNPO運営の実態が正直に描かれていて、実際にあった苦労話の数々はどれも興味深いものばかり。
ご紹介ありがとうございました!
同じページの隣に紹介されているジョン・ウッドの『僕の「天職」は7000人のキャラバンになった』(ダイヤモンド社)が、元マイクロソフトの重役というスゴい人のスゴい活動の報告だとすれば、本書はより身近な人(大手損保会社から47歳のときに転職)の工夫の話といえるかもしれません。

「書標」はジュンク堂書店店頭で無料で配られています。