『漂うモダニズム』、毎日新聞に著者インタビュー掲載

2013年6月2日の毎日新聞読書面に、このほど『漂うモダニズム』を発表した槇文彦さんの著者インタビューが掲載されました。
鉄とコンクリートとガラスで作られ、合理性と国際性ゆえに20世紀の〈建築の普遍言語となった〉モダニズム。だが資本主義の肥大や情報化社会の到来により、使命やスタイルが薄まり〈なんでもありの時代に突入した〉と考察。〈五十年前のモダニズムは、誰もが乗っている大きな船であったといえる。そして現在のモダニズムは最早船ではない。大海原なのだ〉と総括する。

「日本と米国の若者に『これからの建築はどうなるのか』と相次いで質問されたことが、これを書くきっかけになりました。大海原に投げ出された若い建築家が泳いでいくには、客観的な現状分析が必要だと考えたのです。」

表意(漢字)と表音(かな)文字を併用する日本語の特性が、優れた建築を多く生む一因になったとの分析も興味深い。
「良い空間を作り出す理性と感性のバランスは、日本人が自然に体得してきたもの。一つの文化現象と言えるのではないでしょうか」
(引用は、冒頭・行間に中略があります)
本書は、現在も幾多のプロジェクトが世界中で進行する氏の示す見取り図と、修業時代の回想、そのほかの考察を収めています。