中島京子さんが『スワンプランディア!』を書評してくださいました

2013年10月6日の毎日新聞に、作家の中島京子さんによるカレン・ラッセル『スワンプランディア!』評が掲載されました。

「外の世界と接触しないから、すばらしい進化を独自にとげる」とチーフが自負する「島」の特異性と、十三歳という語り手の年齢が、お伽噺めいた設定に自然になじむ。児童からティーンエイジに変わる年頃は、真水と海水が交わる沼地に膨大な生物が棲息するように、現実と作り話が混在する世界を描き出すのに最適なのに違いない。小説は途中で、「わたし」の語りと兄キーウィの語りに分岐する。ハイティーンのキーウィが「外の世界と接触」したがために味わう痛みとおかしみの数々が描かれるとき、「わたし」の世界の特殊さは、より鮮明に浮かび上がってくる。
どうやらビッグツリー一家が守ろうとしていたものは、フロリダと世界が守らなかったがゆえに失われてしまったもう一つの歴史のようだ。(中略)マージナルな場所は、ピュアなものだけを惹きつけるわけではない。同じく奇妙な、しかし危険なものが、泥を掻き分けて忍び寄るーー。
こうして、物語は、安心と安全が約束されていた子供時代への郷愁と、楽園がとっくのとうに失われている世界を生きているわたしたち自身の胸に潜む痛みを、絶妙につつきながらラストへと進んでいく。

「読みはじめのとば口では、子供たちも楽しめそうなユーモラスな語り口から、ここまで深い小説世界にいざなわれるとは思わなかった」という長篇小説。読む人それぞれの家族のこと、自分の少年・少女時代のことを思い起こさせるような力を持った1冊です。
ご紹介ありがとうございました!