Q.今回の講座の目標を教えてください。
A.今回の講座では、以下の3つを到達目標としています。
・文法の基礎を身につける
・文字の読書きができる
・あいさつや自己紹介など、日常の簡単なコミュニケーションができる

 

 

Q. 文法はどこまで進みますか?
A.文法は、はじめに動詞の変化について、どのような種類の時制・法があるのか、
といった全体像を把握した後に、初歩から学んでいきます。具体的には「仮説法」
は 扱いますが、「仮説法過去」(~したかもしれない)などは簡単に触れるだけにな
るかと思われます。

 

 

Q. 文字はどの程度習えますか?
A.文字は、最初の一月で書き方を学びます。自分の名前や、簡単な単語の練習を通して文字に親しみ、その後毎回、文法事項に応じて読書きの練習をします。

 

 

Q.リスニングはどのように学ぶ予定ですか?

A.リスニングに関しては、主にペルシア語の音声教材、映像を用いるほか、ゲストとしてネイティヴの方に登場していただく予定です。また、特にリスニングを強化したい、といったご要望があれば、利用可能な教材やウェブサイトなど、ご紹介いたします。

 

 

Q. スピーキングの練習はありますか?

A.本講座では、基礎文法と簡単な日常会話の習得がメインになります。講座内でも会話の練習をしますが、ネイティヴともっと話したい、という方には、必要に応じてイラン人の行っているイベントや活動のご紹介も可能です。

 

 

Q.2時間の構成を教えてください。

A.2時間の構成は、1.基礎的なフレーズの提示、会話練習 2.文法事項の説明 3.練習問題(読書き・発音・聞き取り)
4.文化紹介 となります。4では、イラン独特の気候風土、日本とは異なる古来からの思考法、.生活様式などをご紹介していく予定です。