「大切な本を直したい」

「本が壊れたら修理できるようになりたい」

「古本をきれいに保存したい」

 

本の構造を知り、綴じの種類や表紙の構造について学びながら、
本の修理と手製本を学ぶ講座です。初級編は全4回。
本の修理は、どのように修理するか、どこまで修理するか1冊1冊の本と向き合わなければなりません。
部分的な修理ではなく、いちから本をつくることで、
自ら対処法を考えて修理をできるようになります。
また、機械製本されたものをどのように手製本で組み立て直すか、実際に手を動かして学びます。

 

※本の修理については、身近な本を直すための技術です。貴重な本の保存や修復に関しての技術ではありません。

 

〈受講対象者〉
◎手製本を作ってみたい人(初心者・既習者いずれも可)
◎製本、本の仕組みについて知りたい人
◎本が好きな人
◎本に携わる人
◎本の修理について知りたい人

 

2

 

講座日程・内容

第1回 2017/9/6(水)手製本の基礎 
紙、接着剤、道具、本の構造について
本のクリーニング、本の扱い方、破れたページの修理
第2回 2017/9/13(水)綴じの種類 
無線綴じ、あじろ綴じ、中綴じ、平綴じ、
折丁の多い糸綴じ *背割れの本を綴じ直す
第3回 2017/9/20(水)表紙の構造
ソフトカバー(見返し無)、ソフトカバー(見返し有)
角背ハードカバー(2mm厚) 
第4回 2017/9/27(水)表紙の構造2
角背ハードカバー(2mm厚)
角背ハードカバー(ドイツ装)
*クータの必要性 *花布のつくり方

 

概要

日程
2017/9/6(水)~2017/9/27(水)(8月30日〆切)
時間
19:00〜22:00
回数
4回
料金
27,200円(24,000円+3,200円※材料費)
定員
7名(最小開催人数6名)

お申し込み

受付終了