第19回 リオ妄想日記1 マ ラ カ ナ ン ・ ス タ ジ ア ム


 外交官にして詩人、理知的かつ情熱的、寛容で繊細で、9度結婚した自堕落な酒飲み、「イパネマの娘」の作詞者ヴィニシウスを調べに、リオへ来ました。
 とくれば、マラカナン・スタジアムものぞきたくなる。
 同じリオ同士のダービー、フルミネンセvsボタフォゴのチケットをダフ屋から40ヘアル(2000円)で入手。
 試合は2−1でフルミネンセが勝利した。
 Wカップ開催を控え、スタジアムでの飲酒は禁止。正面の露天も撤去されたそうだ。だから近くのバーでみんなしこたま飲んで来る。
 大きな試合ではないが、後半にイエロー乱発で、退場者も2人出た。花火も飛び、それなりに満喫。

三沢順(みさわ・じゅん)