第39回 「アルプスの少女ハイジ」にみる日欧の文化比較

私は性善説を信じるタイプだろうか。人から意地悪をされるとか、トンビに油揚げをさらわれるといったようなことは、あまり考えない性格だ。実際にはそういう場面に遭遇したこともあるのだが、結構すぐに忘れてしまう。そしてまた、同じような目に遭う。そんな失敗談を話していると、「名越さんって、いい人すぎるのよ」と、年上の女性から面と向かって言われてしまった。
スペイン北東部にあるバスク地方の中心地、ビスケー湾に面したサン・セバスチャンのホテルに到着した時だ。バスク地方は美食の地として有名で、特にサン・セバスチャンは一口おつまみの「ピンチョス」発祥の地としてもよく知られている。とはいえ、今回は美食を楽しむ旅ではなく、バスク地方のワイン「チャコリ」と、すぐその西に位置するスペインが誇るワインの大産地「リオハ」のワイナリーを取材するのが目的だ。取材チームは女性ばかり6名。
彼女が、なぜ、そんな発言をしたかというと、数時間前にトランジットのために立ち寄ったパリのシャルル・ド・ゴール空港で、ビルバオ行きの飛行機を待っているあいだに見たアニメだった。

日曜日の朝7時台だからだろうか、アニメを何本か立て続けに流していた。「どうせ子供は勝手にアニメ観ているからって、お母さんは寝てられるのよね」と、同行の誰かが呟いた。そうかあ〜、考えることは世界共通なのかもしれない、と妙に納得した。
そして、3つ目ぐらいの番組になると、何だか急に親しみを感じた。もちろん言葉はフランス語なのだけれども。立派な体格で、白髪に白いあごひげのお爺さんと、丸顔で、ショートカットの毛先がクリンとカールしている小さな女の子がいる。その子が着ているのは、ピンクのジャンパースカートだ。丸太小屋で話をする2人のそばには、茶色と白の大きな犬が寝そべっている。
わかった! アルプスの少女ハイジ! 懐かしい。子供のころ、毎日楽しみにしていたテレビ番組のひとつだった。でも、なんだか雰囲気が違う。40年前の絵とはまったく異なるタッチで、ほんわかとしたハイジの表情ではない。顔の輪郭や筆づかいが、はっきりとし過ぎていてリアルなのだ。きっとフランス風なのだろう。
そして、もっと驚いたのは、すぐ後の場面だった。
ハイジの親友で山羊飼いのペーターが登場した。ペーターは、森の中へ歩いて行くと、大きな木の上方に、板張りのテラスのような「基地」が作られ、数人が遊んでいた。ペーターが一緒に遊びたくて木をよじ登ろうとした。すると、予想外なことが起こった。上で遊んでいた子供たちが、バケツに入った小石をペーターめがけて落とし始めたのだ。え〜っ!? これって、子供向けの番組で、子供たち同士がすることなの? とてもショックだった。
この物語の終盤で、クララが山に帰ってしまったハイジを訪ねてくる。ところが、クララが来るとハイジはクララにつきっきりになり、ペーターと遊ぶ時間がなくなってしまった。するとペーターは嫉妬のあまり、クララの車いすを壊してしまう場面が原作にはあるという。でも日本版では、クララ自身が誤って壊した、と脚色されている。ペーターを、あくまでも優しい少年として描いているのだ。

60_#39_photo
ビルバオのバルで、チャコリを専用のコップに注ぎ入れているところ

こうしてみると、日本とヨーロッパでは、子供の教育についての考え方が随分違うと推測できる。ヨーロッパのほうが日本より、現実の怖さや厳しさを早くから積極的に伝えて、自分で対処しなければならないと教え込む傾向が強いように思う。用心するにこしたことはない、ということだろうか。このあたりは、国際結婚で、子育てを経験した人にしか実感できないのかもしれない。
そんな感想を、件(くだん)の先輩に話していたら、私の失敗談と「ブレンド」されて冒頭の「いい人すぎるのよ」とのコメントに「熟成」したようだ。彼女は100%日本人だが、スペインでの生活が長く、仕事上でもスペイン人とやりとりが相当多い。だから、ヨーロッパ的な考え方が身についているのだろう。
後で彼女に「私なんてヨーロッパでは、きっと生きていけないんでしょうね〜」と言ったのも正直な感想だ。「住んでみなきゃわかんないわよ〜」と言ってはもらったものの、その時の笑顔はやはり私にはクールに映った。お人好しが過ぎるのもどうだろう、と自分でも思うことがある。ただ、もう半世紀も生きてしまったので、今さら劇的な改造なんてできやしない。やっぱり私が生活するのは、日本が一番いいみたいです。(by名越康子)
チャコリ:スペイン北東部のバスク地方で造られるワインの総称。ほとんどが白ワイン。どぶろくのように地酒的存在から、ただいま進化中。微発泡で爽やかな軽快なタイプから、厚みがありしっかりとしたタイプまでさまざまある。いずれにしても涼しい産地で酸がフレッシュなため、この地方で豊富に捕れる魚介類との相性がよい。
リオハ:バスク地方のすぐ西に位置し、スペインで最も有名で伝統的なワイン産地。こちらはほとんどが赤ワインで、若いうちから楽しめるものから、長期熟成可能な上級ものまで幅広い。魚料理から肉料理まで合わせられる。
柳忠之・名越康子

柳忠之(やなぎ・ただゆき)
1965年、横浜生まれ。ワイン専門誌記者を経て、97年に独立。フリーのワインジャーナリストに。山梨から地球の裏側のチリまで、世界中のワイン産地を訪問。現地の最新ワイン事情を伝える。ワイン専門誌「ワイナート」のほか、「Madame Figaro Japon」「GOETHE」「Forbes Japan」などライフスタイル誌にも寄稿。日経ムック「Wine Style」の監修を務める。

名越康子(なごし・やすこ)
市庁舎の設計が若き丹下健三だったという、鳥取県倉吉市出身。慶應義塾大学を卒業の後、不動産会社に入社し、ビールもろくに飲めなかったにも関わらず、なぜかワインの道に迷い込む。輸入元勤務を経てワインの原稿書きを始めて、もうすぐ25年 !? 長年フリーランスを続けウエッブサイトWine Press Japanを立ち上げたが、この年になって「就職」することに。現在、Wines & Spirits専門誌「WANDS (ウォンズ)」編集記者。こちらもウエッブをオープンした(http://wandsmagazine.jp)。Facebokページはこちら→https://www.facebook.com/WANDS-1019991378019769/