第60回 抹茶とシャンパーニュの甘味加減

39_#60_photo 近ごろ何かと、抹茶味を口にしたくなる。昔から抹茶好きではあるけれど、これって抹茶中毒かしら?と思うくらいだ。
 実家に帰ると両親の習慣に従って、毎日決まって午前中に抹茶タイムがある。和菓子と抹茶でほっこりする。いや、むしろ2服の抹茶で頭がシャキッとする、というほうが正しいかもしれない。しばらくは、何日か抹茶を飲む日を過ごしても、帰宅するとすっかり普段の生活に戻っていた。けれど3年ほど前からだろうか、東京の我が家にも抹茶を常備するようになった。
 家で仕事をしている時には、ふと飲みたくなれば茶碗と茶筅を出して点てる。この時には、親には内緒だが不作法で飲む。一服のお伴も季節の和菓子とはいかないから、チョコレートだとかクッキーだとか、そういうフツーの甘いものだ。
 外出先となれば、コーヒー、紅茶はどこでも飲めるが、抹茶そのものを飲める場所はちょっと探しにくい。でも、時々思い立って足を運ぶお茶屋がある。スターバックスだ。「抹茶ティーラテ」という商品があるからだ。平たく言えば抹茶のミルクティー風、ということだろうか。これを「シロップ抜き」で注文すると、ほんのり甘い程度で結構美味しい。
 でも、普通に注文するとシロップが入るので、私にはちょっと甘すぎるのだ。考えてみれば、スターバックスはアメリカの会社だったんだよねぇ〜、と最近しみじみ実感している。

 今年もシャンパーニュを訪問した。今回は「ドザージュ」についての考察をテーマに取材するのが目的だった。
 ドザージュというのは、シャンパーニュをはじめスパークリングワインの仕上げに行う甘味調整のことだ。もともとシャンパーニュは冷涼な地方で造られるワインで、しかも泡立ちも伴うから酸や刺激が強い。その感覚を緩和するために、甘味調整が行われるようになったのだ。
 かつては、コカコーラよりもっと甘いシャンパーニュが主流だった時代もある。ところが、時代を経て最近では「ブリュット」と呼ばれる辛口タイプが一般的だ。中には、「エクストラ・ブリュット」とか「ブリュット・ナチュール」という、ごくごく辛口のカテゴリーに入るものも出てきている。その流れや理由について、何人もの造り手を訪ねて回ったというわけだ。
 ある会社で面白い話を聞いた。
 ひところは、輸出する国に合わせて甘味調整をしていた時代がある、ということは以前聞いたことがある。今ではもうそういう習慣はなくなり、同じ名前の銘柄は同じ仕上げにするのが一般的になっている。しかし、その会社では輸出する銘柄そのものを国に合わせて変えている、というのだ。
 例えば日本の場合は、一般的な「ブリュット」が販売の主体となる。ところが、アメリカには一段階甘いタイプの「エクストラ・ドライ」を主に輸出しているというのだ。
 それを聞いて、思い出したことがある。
 ひとつは、カリフォルニアのさるワインの造り手さんのこと。ピノ・ノワールの名手で、来日を記念して試飲セミナーが行われた。ブルゴーニュ好きが高じて、自分でもワインを造り始めたという。稀少な銘柄が多く、現地でも引っ張りだこのワインメーカーだ。奥様を連れ立っての来日で、ツーショットの写真を撮らせてもらった。そして、せっかくなので奥様にも撮影の後に話しかけた。
「やっぱり奥様も、ブルゴーニュの赤ワインがお好きですか?」
「ブルゴーニュはダメよ、酸が高くてとても飲めないわ」と、あまりにも意外な言葉が返ってきたので、次の質問を思い浮かばず話がとぎれてしまった。
 やっぱり、味の好みは国によって異なるのだ。私たちフツーの日本人の感覚からいえば、アメリカンテイストは甘く感じるのだろう。

 ある時、いつものようにスターバックスで「シロップ抜き」の「抹茶ティーラテ」を注文した。するとカウンターの男性が「お客様は抹茶ティーラテをよくお飲みになるのですか?」と聞いてきた。そうだ、と伝えると「ミルクの量を多めにしたり、抹茶パウダーを倍の量にする、という調整もできますが、いかがでしょうか?」。
 これを聞いて、目がキラリと輝いた。アルバイト君の素晴らしいご提案、いいじゃないですか。抹茶パウダー増量で濃い抹茶ティーラテが飲めるならば、こんなラッキーなことはない!
 ワクワクして出来上がった特製「抹茶ティーラテ」を一口飲んだ。しかし、これは失敗だった。抹茶味だけでなく甘味も倍増していたのだ。抹茶に気がとられて、抹茶パウダーにはもともと砂糖が入っている、ということが頭の中から抜け落ちていたのだ。あぁ、とても残念でありました。(by名越康子)

シャンパーニュ:フランス北東部のワイン産地で、葡萄栽培の北限のひとつ。泡立つワインで有名で、日本では一般的に「シャンパン」と呼ばれている。昨年、ユネスコの世界遺産に登録された。
ブルゴーニュ:シャンパーニュ地方より南に位置するワイン産地。赤ワインは主にピノ・ノワールから、白ワインは主にシャルドネから造られる。シャンパーニュと同様に、昨年世界遺産に登録された。
カリフォルニア:アメリカ西海岸のワイン産地。小さなブティック・ワイナリーが増えていて、稀少で高価な銘柄が多く「メーリングリスト」でウエイティングして購入するファンも多い。
ピノ・ノワール:ブルゴーニュが本拠地の黒葡萄品種のひとつ。ブルゴーニュの赤ワインに魅せられて、ピノ・ノワールに取り組みたい造り手は世界各国で増える一方だ。
柳忠之・名越康子

柳忠之(やなぎ・ただゆき)
1965年、横浜生まれ。ワイン専門誌記者を経て、97年に独立。フリーのワインジャーナリストに。山梨から地球の裏側のチリまで、世界中のワイン産地を訪問。現地の最新ワイン事情を伝える。ワイン専門誌「ワイナート」のほか、「Madame Figaro Japon」「GOETHE」「Forbes Japan」などライフスタイル誌にも寄稿。日経ムック「Wine Style」の監修を務める。

名越康子(なごし・やすこ)
市庁舎の設計が若き丹下健三だったという、鳥取県倉吉市出身。慶應義塾大学を卒業の後、不動産会社に入社し、ビールもろくに飲めなかったにも関わらず、なぜかワインの道に迷い込む。輸入元勤務を経てワインの原稿書きを始めて、もうすぐ25年 !? 長年フリーランスを続けウエッブサイトWine Press Japanを立ち上げたが、この年になって「就職」することに。現在、Wines & Spirits専門誌「WANDS (ウォンズ)」編集記者。こちらもウエッブをオープンした(http://wandsmagazine.jp)。Facebokページはこちら→https://www.facebook.com/WANDS-1019991378019769/