#7

 
 
       (乙女たちのみだれ髪の
 
 
 
       ベッドから    腐羽    腐羽    脱兎したい)
 
 波の緑のなかにくまなく立っていたい
 
 
 
             こうほね    みずち    水の父
 
       圧倒的な草だけの世界
 
 恋人はリゾームだけ
 
 
 
                   完膚なきまでに開かれているのに
 
             滝夜叉姫の大髑髏のごとく
 
       自転を魑魅魍魎どもがさえぎって
 
 浄土とは腐っていることだよ
 
 
 
                         不思議な四季の隅闇で
 
                   シャツのしたにびっしょり
 
             冷たい汗をかいてふるえていた
 
       地球から時間が消えた
 
 星の光は止まった瞳に残酷だった
 
 
(石田瑞穂)

管啓次郎(すが・けいじろう)
詩人、比較文学者。この数年はバルカン半島との縁が深い。エッセー集に『斜線の旅』(インスクリプト、第62回読売文学賞)、詩集に『Agend’Ars』4部作(左右社)、『数と夕方』など。

暁方ミセイ(あけがた・みせい)
詩人。横浜の北部、田園と新興住宅地の狭間育ち。既刊詩集に『ウイルスちゃん』(思潮社、第17回中原中也賞受賞)、『ブルーサンダー』(思潮社)など。詩作の他に、エッセイの執筆や朗読活動も行っている。

石田瑞穂(いしだ・みずほ)
詩人。見沼の田園、東京、ブールジュをゆききする。最新詩集に『耳の笹舟』(思潮社、第54回藤村記念歴程賞受賞)。詩人のデジタルアーカイブ・プロジェクト、獨協大学「LUNCH POEMS@DOKKYO」ディレクターもつとめている。公式ホームページ「Mizuho’s Perch」。

3名に大崎清香を加えた共同詩集に、『連詩 地形と気象』(左右社)がある。