#12

 
 
目を開いて 煙を纏う山でかなしく揺らぐ不在の鬼火
 
 
 
目を閉じて 紙の街 舌を出して狂うきいろいチェロ
 
ほら 雲の記憶に忘れてきた傘がしずかに雨になるよ
 
 
 
黒い爪を切っていたら夜のすべてを失ってしまった
 
魔法で彩られた知らない肌の温度 砂漠の夢が走る刹那
 
水色の太陽を右目に嵌めたら水色の鉛筆を失ってしまった
 
 
 
傷で濡れたきみを見る 不思議だね、ここは
 
虹色の廃墟があってあとはもうなンにもないのだ
 
一億年前の耳鳴りが始まる かみさまの煙草に火をつけるとき
 
ひとりで海の秘密を泳ぐのは怖いけど、この手を離したら行くことにするよ
 
 
 
星の眠りの底を流れるレディオ 透明な化石は独語してそこに在る 
 
媚薬ゆらめく64億の死後 あざやかな鯨がざわめく曲線の果て
 
そこには未明のプラネタリウムがひかっていた
 
さよなら 愛して 孤独のぜんたいから滴る蜜のその棘を
 
だって存在しない光のなかで迷ってしまッたから、ぼくは!
 
 
(和合大地)




















管啓次郎(すが・けいじろう)
詩人、比較文学者。この数年はバルカン半島との縁が深い。エッセー集に『斜線の旅』(インスクリプト、第62回読売文学賞)、詩集に『Agend’Ars』4部作(左右社)、『数と夕方』など。

暁方ミセイ(あけがた・みせい)
詩人。横浜の北部、田園と新興住宅地の狭間育ち。既刊詩集に『ウイルスちゃん』(思潮社、第17回中原中也賞受賞)、『ブルーサンダー』(思潮社)など。詩作の他に、エッセイの執筆や朗読活動も行っている。

石田瑞穂(いしだ・みずほ)
詩人。見沼の田園、東京、ブールジュをゆききする。最新詩集に『耳の笹舟』(思潮社、第54回藤村記念歴程賞受賞)。詩人のデジタルアーカイブ・プロジェクト、獨協大学「LUNCH POEMS@DOKKYO」ディレクターもつとめている。公式ホームページ「Mizuho’s Perch」。

3名に大崎清香を加えた共同詩集に、『連詩 地形と気象』(左右社)がある。