#14




ぼんやりした夢の光は




わたしの起きる部屋の現在

灰色と水色のあいだの昨日の続きに




四散しあとかたもなく

覚めていく、覚めていく

日々の穴埋めと物忘れが




春になる古墳の上の空を流れている

あ、波音だ

こんな内陸の市が尾古墳に

蘇生する貝や魚の踊れや踊れ




竜宮城は地層の底から

物忘れの地の底から

億年前の春の香りを新鮮に送ってくる

ほらもうじきに

あのあたりはしずかにしずかに川になる



(暁方ミセイ)
管啓次郎(すが・けいじろう)
詩人、比較文学者。この数年はバルカン半島との縁が深い。エッセー集に『斜線の旅』(インスクリプト、第62回読売文学賞)、詩集に『Agend’Ars』4部作(左右社)、『数と夕方』など。

暁方ミセイ(あけがた・みせい)
詩人。横浜の北部、田園と新興住宅地の狭間育ち。既刊詩集に『ウイルスちゃん』(思潮社、第17回中原中也賞受賞)、『ブルーサンダー』(思潮社)など。詩作の他に、エッセイの執筆や朗読活動も行っている。

石田瑞穂(いしだ・みずほ)
詩人。見沼の田園、東京、ブールジュをゆききする。最新詩集に『耳の笹舟』(思潮社、第54回藤村記念歴程賞受賞)。詩人のデジタルアーカイブ・プロジェクト、獨協大学「LUNCH POEMS@DOKKYO」ディレクターもつとめている。公式ホームページ「Mizuho’s Perch」。


3名に大崎清香を加えた共同詩集に、『連詩 地形と気象』(左右社)がある。