心がめあて


  • 著者:鈴木晴香
  • 装画:寺本愛
    装幀:北野亜弓(calamar)
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/168ページ
  • 2021年7月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-038-8 C0092
掴めないはずの感覚を捉えた瞬間の心地良さ。
それが集積して立ち上がる日常をとても愛おしく感じました。―又吉直樹


第一歌集『夜にあやまってくれ』で鮮烈なデビューを果たした著者、待望の第二歌集。
わたしとあなた。心と躰。
繋がっては離れ、私たちは、世界をひらく鍵を探しつづけている。
2016年以降に詠まれた短歌のうち、『短歌ください』掲載作を含む297首を収録。


思い出は増えるというより重なってどのドアもどの鍵でも開く

生体認証。指紋や眼球や顔が暗号になるように、歌を作ることで入れる世界がある。歌を詠み、歌に詠まれた心身は、そこでは鍵の役目を果たしてきた。自らの欠片を差し出すことで、ドアをこじ開けてきたのだ。でも、少し醒めた時には、こんな風にも考えてしまう。はたして、世界は世界の方で、そんなわたしの押し付けがましい断片を望んでいるのだろうか、と。
心許なく、世界に問いかける。わたしのなにがめあてですか? この歌集におさめた歌は、そんな世界との相聞の苦闘の跡だ。
──「あとがき」より

〈収録短歌より〉
白ければ雪、透明なら雨と呼ぶ わからなければそれは涙だ
君は手の銀貨を天然水に変えその水はすぐ人間になる
文字のない世界に降っていた雪よこれからつく嘘にフォントあれ
またここにふたりで来ようと言うときのここというのは、時間のこと
ライターのどこかに炎は隠されて君は何回でも見つけ出す

❖目次

ここにいるしか
かくまう
完璧なバタフライ
書かれることのなかった手紙
メロンパンの概念の初期化
丸ノ内線ですか
ちょっと違う


不思議に思わない
滲み込むようにできている
雪かと思った
見たこともない色
明日には明日のニュース


裸より寒い
夜ごとのフルーツバスケット
別々の歩道橋から
飛び続ければ
心がめあて
偽善者になるには一日は短い
失うのとは違う

あとがき

鈴木晴香(すずき・はるか)
1982年東京都生まれ。歌人。慶應義塾大学文学部卒業。雑誌「ダ・ヴィンチ」『短歌ください』への投稿をきっかけに作歌を始める。第1歌集『夜にあやまってくれ』(書肆侃侃房)。2019年パリ短歌イベント短歌賞にて在フランス日本国大使館賞受賞。塔短歌会編集委員。京都大学芸術と科学リエゾンライトユニット、『西瓜』所属。