★★フェア開催情報★★

現在好評開催中・開催予定の左右社のフェア情報をまとめています。
お近くの方はぜひお立ち寄りくださいませ!

 

★★★左右社フェア★★★

【三省堂書店名古屋本店様】
・2022/6/4~6/30「人生を左右する一冊を!左右社フェア」

全社員の手書きPOPがズラリ!

 

【レティシア書房様】
・2022/5/1~

京都烏丸御池から徒歩10分、京都のレティシア書房さまにて左右社フェアがスタート!左右社を知るならまずはこれという定番書から人気の新刊まで、40タイトル以上揃えていただきました。

 

★★★新刊刊行記念フェア★★★

【くまざわ書店武蔵小金井店様】
・2022/6/6~6/30「『浅生鴨短篇小説集 すべては一度きり』刊行記念 浅生鴨選書“名短篇”フェア」

【紀伊國屋書店国分寺店様】
・2022/5/30〜

「こんなにもこもこ現代川柳 いったいぜんたいなんてこったい!」
「『Ladies and』刊行記念平岡直子選書フェア 短詩と短編 夢の代わりに読む本」
「『ふりょの星』刊行記念暮田真名選書フェア 短詩と笑い お寿司の代わりに食べる本」

【紀伊國屋書店新宿本店様】
・2022/4/28〜

「『Ladies and』刊行記念平岡直子選書フェア 短詩と短編 夢の代わりに読む本」
・2022/6/6~6/30予定「『浅生鴨短篇小説集 すべては一度きり』刊行記念 浅生鴨選書“名短篇”フェア」

【紀伊國屋書店小田急町田店様】
・2022/4/28〜

「『Ladies and』刊行記念平岡直子選書フェア 短詩と短編 夢の代わりに読む本」
「『ふりょの星』刊行記念暮田真名選書フェア 短詩と笑い お寿司の代わりに食べる本」

 

★★★既刊フェア★★★

【くまざわ書店武蔵小金井店様】

・2022/6/16予定〜1ヶ月程度「選挙に行け行け言うけど、政治って私たちに何してくれるの?分からないのに行け行け言われたってこっちだって忙しいんだから……っていうあなたに贈る“参院前に知っておきたい政治のこと”和田靜香選書フェア」

【今野書店様】
・2022/6/13予定〜1ヶ月程度「選挙に行け行け言うけど、政治って私たちに何してくれるの?分からないのに行け行け言われたってこっちだって忙しいんだから……っていうあなたに贈る“参院前に知っておきたい政治のこと”和田靜香選書フェア」

【ジュンク堂書店高松店様】
・2022/6/10予定〜1ヶ月程度「選挙に行け行け言うけど、政治って私たちに何してくれるの?分からないのに行け行け言われたってこっちだって忙しいんだから……っていうあなたに贈る“参院前に知っておきたい政治のこと”和田靜香選書フェア」

★★★三社合同詩歌フェア★★★
昨今の「短歌ブーム」を盛り上げるべく、左右社・書肆侃侃房・ナナロク社の3社が集結!
お気に入りの詩集のある生活と、歌集を味わう楽しさを提案します。

 

【文喫六本木店様】

・6/8〜7/3「気(樹)になる短歌展」

書籍販売のほかに、壁面に誰でも短歌を貼ることができる参加型の展示も!

 

【蔦屋土佐道路店】

【蔦屋御座店様】

【ツタヤ中万々店様】

【ツタヤ安芸店様】

【ツタヤ四万十店】

【ツタヤ南国店】

・2022/6/1〜7月上旬

高知県のツタヤさま6店舗をジャック!お取り扱い書籍は各店舗ごとに違いますので、ぜひ複数店に足を運んでみてください。

 

 

【紀伊國屋書店前橋店様】
・2022/5〜7月末
計250冊ほどの大展開!三社合同詩歌フェア史上もっとも大型のフェアです!

 

★★★冷やし短歌はじめました。フェア★★★

〜coming soon〜

 

ノンフィクション作家の本岡典子さんに『ハレルヤ村の漁師たち』を書評いただきました

ノンフィクション作家・本岡典子さんによる、初見かおり『ハレルヤ村の漁師たち』の書評が共同通信より配信されました。福島民報、四国新聞などに掲載されています。

(…)
行方不明者を含め十万人もの犠牲者を出したとされる内戦末期の激戦地で、大学院生だった著者は住民の生活に溶け込み、文化人類学の調査に没頭した。本書はその記録を基に書かれたこん身のリポートである。
(……)
国際社会の目が届きにくい辺境の「現場」に飛び込んだ若き研究者の情熱が本として形になったことに心から感謝したい。

本書が日本でなかなか知らされることの少ない出来事、そこで信仰とともに生きる人びとの姿を取り上げている点に注目していただきました。ありがとうございました。

【2/27】安田菜津紀『あなたのルーツを教えて下さい』刊行記念トークイベント【開催】

安田菜津紀『あなたのルーツを教えて下さい』刊行を記念し、トークイベントを開催します。
ゲストはTBSラジオ「アシタノカレッジ」のラジオ・パーソナリティや通訳・翻訳家としてもご活躍されているキニマンス塚本ニキさん。ご自身もニュージーランドと日本とにアイデンティティを持つ塚本さんと、本書の制作エピソードや互いのルーツについてお話いただきます。

フォトジャーナリスト安田菜津紀さんの最新刊『あなたのルーツを教えて下さい』が2月中旬に刊行されます。
ヘイトスピーチやヘイトクライム、入管収容問題など、今日の日本社会に深く巣食う「分断」をあらわにする事件が起き続けています。多様な人びとからなる私たちの社会を、どのように「共に生きる社会」にできるのか。その問いを胸に、15人のルーツやアイデンティティと向き合った渾身のルポルタージュです。
異なる「ルーツ」を持つ人たちが、どう同じ場を分かち合っていくのか。その模索のはじまりは、人との手触りのある対話です。コロナ禍で、人が集ったり、たわいもない会話を楽しんだりするひと時はぐっと減ってはいるものの、それに近い感覚を、どうメディアを通して築いていくことができるのか、ずっと考え、一冊の本を編むことを思い立ちました。
―――安田菜津紀(本書「なぜ、父は自身の「ルーツ」を隠してきたのか?」より)
「ルーツを隠さなければならない社会は、決して「豊か」とは言えない」
安田菜津紀×キニマンス塚本ニキ
安田菜津紀『あなたのルーツを教えて下さい』刊行記念トークイベント
日 時:2022年2月27日(日)19:00〜
会 場:本屋B&B、オンライン開催
参加費:参加費1650円。書籍付チケット3,630円の取り扱いもございます(著者安田菜津紀さんのサインの有無をお選びいただけます)
お申し込み:本屋B&Bのイベント情報ページより詳細をご確認、お申し込みください。
 https://bookandbeer.com/event/20220227_rskyi/
お問い合わせは下記の本屋B&B問い合わせフォームにて承ります。
 https://bookandbeer.com/contact/
【出演者プロフィール】
安田菜津紀(やすだなつき)
1987年、神奈川県生まれ。認定NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『それでも、海へ 陸前高田に生きる』(ポプラ社)、『写真で伝える仕事 ―世界の子どもたちと向き合って―』(日本写真企画)他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

キニマンス塚本ニキ(きにまんすつかもとにき)
東京都出身。9歳の時にニュージーランドに移住。オークランド大学で映像学と社会学を専攻し、卒業後、日本に帰国。人権擁護団体やフェアトレード事業などに携わったのち、2010年から英語通訳・翻訳者として政治情勢から音楽・カルチャーまで幅広い現場で活動。2020年に公開されたフードロス映画『もったいないキッチン』では監督の通訳兼旅のパートナーとして出演。同年からTBSラジオ『アシタノカレッジ』のパーソナリティを務めている。

【放送大学叢書電子化プロジェクト】

【放送大学叢書電子化プロジェクト】


左右社は、すべての学ぶ人を応援する出版社です。
弊社が刊行している、「放送大学叢書」というシリーズをご存知ですか?
放送大学の授業に用いられたテキストを、読みやすく、一般書として編集し直したシリーズです。
内容の信頼性に加え、授業ならではのわかりやすさを備えた、非常に質の高い入門書が集まっています。
放送大学叢書がどのような思いから生まれたのか、創刊の辞を引用してみます。

= = = = =

(放送大学のテキストは)四年間でその使命を終える仕組みになっている。使命を終えたテキストは、それ以後世の中に登場することはない。これではあまりにもったいない……(中略)放送大学のテキストは、関係する教員がその優れた研究業績を基に時間とエネルギーをかけ、文字通り精魂をこめ執筆したものだからである。これらのテキストの中には、世間で出版業界によって刊行されている新書、叢書の類と比較して遜色のない、否それを凌駕する内容のものがあると自負している。本叢書が豊かな文化的教養の書として、多数の読者に迎えられることを切望してやまない。
──放送大学長 石弘光

= = = = =

左右社ではこれまで、50点以上の放送大学叢書を刊行してまいりました。
そのどれもが質の高いテキストで、中には非常に人気の高い「伝説の授業」と呼ばれるものや、その分野の第一人者が記した重要な書籍が多数含まれています。


哲学、社会、教育、建築、心理……皆さんの学びたい分野が、必ずどこかにあるはずです。
左右社ではこの度、それらを徐々に電子書籍で提供する計画をスタートさせました。
これまで絶版となっていたものや、刊行から時間が経ち、電子書籍の提供を行っていなかったすべての書籍をみなさまへ届けします。
このプロジェクトによって、どなたでも、そしてどこでも学べる、そんな社会への貢献を目指しています。

手に取りやすい新書や選書もよいものですが、「放送大学叢書」で、その一歩先へ開かれた学びに触れてみませんか?
左右社では、学びたい!と思った人のすぐそばに寄り添う書物を作り続けてゆきます。
放送大学叢書を、どうぞよろしくお願いします。

放送大学叢書シリーズ


【フェア開催情報】

フェア開催情報

【ジュンク堂書店吉祥寺店様】
◉左右社フェア開催中!(6階レジ前)
・全点編集者POP付
・〜11月末(予定)



【ジュンク堂書店吉祥寺店様】
◉「傍にはいつも酒があった」フェア開催中
・泥酔をテーマにした文学から、酔っ払ったまま作れる料理本まで多数。
・弊社の書籍を2点ご展開いただいております!
・会期未定

https://twitter.com/sayusha/status/1435542672681291778

 

【今野書店様】
◉左右社フェア開催中!(1階レジ前)
・社員が1日書店員として交代で店頭に立ちます(日程は下記ツイートを参照)。
・全点編集者POP付
・〜10月末



 

【三省堂書店神保町本店様】
◉左右社フェア開催中!(1階レジ前)
・全点編集者POP付
・〜10月末(予定)

https://twitter.com/sayusha/status/1443849659089178630

 

 

 

・今後の開催予定
※決まり次第追加致します。

 

 

左右社図書目録の訂正とお知らせ

平素より大変お世話になっております。
弊社の図書目録につきまして、電話番号、ファックス番号、メールアドレスに誤りがございました。

弊社の書籍をお手にとっていただいた皆さまには、多大なご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げますとともに、内容を以下のとおりに訂正をさせていただきます。
読者の皆さま、お取引先の皆さまにおかれましては、弊社にお問い合わせの際は、お手数ですが下記の連絡先までお願いいたします。

◉左右社図書目録・訂正内容
TEL:03-5786-6030 FAX:03-5786-6032
Email:info@sayusha.com

今後、同様のミスが起こらないよう、作成の確認プロセスを修正し、再発防止につとめてまいります。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年9月21日
株式会社左右社

『はつなつみずうみ分光器』発売延期のお知らせ

ただいま刊行告知をしております瀬戸夏子著『はつなつみずうみ分光器』ですが、
内容に不備がございましたため、刷り直しを行います。
一部先行発売書店を除き、5月12日搬入を予定しておりましたが、5月31日搬入に延期いたします。

すでにお求めくださいました方には、新本とのご交換を承ります。
株式会社左右社 『はつなつみずうみ分光器』返本交換係
ご返送先のお宛名・ご住所を添えて、着払いにて下記までお送りください。

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-55-12ヴィラパルテノンB1
株式会社左右社 『はつなつみずうみ分光器』返本交換係

このたびは著者瀬戸夏子さま、お力添えをくださいました歌人のみなさま、書店さま、
お待ちくださっております読者のみなさまにご迷惑をおかけいたしまして、まことに申し訳ございません。
左右社 編集部

オフィス移転のお知らせ

2021年3月16日より、弊社オフィスが下記に移転し、電話番号・FAXも併せて変更致しました。
読者の皆さま、お取引先の皆さまにおかれましては、お手数ですが、今後はこちらにご連絡をいただけましたら幸いです。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12ヴィラパルテノンB1
電話番号  (編集)03-5786-6030 (営業)03-5786-6031
ファックス (共通)03-5786-6032


年末年始の営業期間について

みなさま

2020年12月26日(土)〜2021年1月3日(日)まで、事務所の営業を休ませていただきます。
その間のお電話やFAX、オンラインショップでのご用命は、原則として1月4日よりご対応させていただきます。
お急ぎのご用のある方は、info@sayusha.comまでご連絡いただけますよう、お願い申し上げます。

本年も大変お世話になりました。
残すところわずかとなりました本年、
ならびに2021年も、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

左右社

『HANDS 手の精神史』カバー不良交換のお知らせ

ダリアン・リーダー『HANDS 手の精神史』(2020年10月刊行)ご購入くださいましたみなさまへ。
本書の2020年10月29日、ならびに30日出荷分につきまして、カバー不良の品が含まれている可能性があります。



上記の写真のようにカバー表紙の「HANDS」という書名の箔押し部分に、汚れがあるものがございます。
お手元に上記の不良品がございましたら、弊社負担で良品と交換させていただきます。
メールにて、ご用命いただけましたら幸いです。

メールアドレス:info@sayusha.com
 件  名 :『HANDS』カバー不良品交換の旨、お書き添えいただけましたら幸いです。
 担  当 :営業部青栁

商品管理をより一層徹底し、デザイン意図、企画意図が十分に表現された状態でお手にとっていただけるよう、注意してまいります。
今後とも、弊社刊行物を何卒よろしくお願い申し上げます。

*商品の詳細はこちらです。