『高校生と考える人生のすてきな大問題』、陣野俊史さん評

2017年4月20日付の日本経済新聞夕刊、目利きの選ぶ3冊コーナーで、『高校生と考える人生のすてきな大問題』を文芸評論家の陣野俊史さんにご紹介いただきました。
神奈川県にある桐光学園が面白いことをやっている。土曜日に「大学訪問授業」を行っているのだ。生徒たちは普段は大学で教えている先生の講義を聴く機会を得る。講義録が本になった。3冊目だという。
この企画の肝は、誰の講義を聴きに行くか、に尽きる。3冊目に登場する「教授」は、田原総一朗や竹宮惠子、加藤典洋、佐伯啓思といった、いわばお馴染みの著名人もさることながら、たとえば、詩人でドイツ思想研究者の細見和之や、小説家でフランス語圏文学研究者の小野正嗣が、高校生に話をしているのがいい。正直、10代で彼らの話を聞けていたら!と羨ましいかぎりだ。できれば若者との質疑応答をもう少し読みたかったかも。

評は★★★★です!
ありがとうございました。

朝日新聞「折々のことば」にトミヤマユキコさんの言葉が掲載されました。

2017年4月16日の朝日新聞「折々のことば」で、『大学1年生の歩き方』著者のトミヤマユキコさんの一行が紹介されています。
なんでも食べられるという利点が、エサみたいなビジュアルのガッカリ飯を生み出す。
哲学者、鷲田清一さんの朝刊コラムにてご紹介いただきました。
全篇はこちらからお読みいただけます。

5/27 (土) 石田瑞穂×暁方ミセイ×管啓次郎×萩野なつみ「連詩 見えない波α」スタート!記念@本屋B&B

2017年5月27日(土)下北沢本屋B&Bにて、web連載「連詩 見えない波α」のスタート記念イベントが行われます。

日 時:2017年5月27日(土)15:00〜17:00
会 場:本屋B&B
出 演:石田瑞穂・暁方ミセイ・管啓次郎・萩野なつみ
詳しくはこちら

前作『連詩 地形と気象』の3名に、ゲストとして詩人萩野なつみさんを迎えて、いままさに進行中の連詩作品を生朗読。さらに、詩の共作の愉しみ方や創作秘話、東北や震災以後の世界への想いをトークします。

『〆切仕事術』の上阪さん著者インタビューが掲載されました

サイト「WEDGE Infinity」に、『〆切仕事術』の著者・上阪徹さんのインタビューが掲載されています。

――私たちの仕事もそうですが、書く仕事において〆切りは絶対で、破る人がいるとはにわかに信じられないのですが。

上阪:平気で破る人がいるのは確かです。私には正直、守れないという感覚がわかりません。〆切りを守っていると良いことばかりです。催促にびくびくしなくていいし、コミュニケーションも円滑になる。ストレスもない。利点ばかりですから、守ったほうが余程いいのにと思います。
「〆切りに追われるよりも追いかける方がずっとラクですよということを多くの人に知ってもらいたいと思いました」という上阪徹さん。文章を書く仕事に限らず、上阪さんから学ぶことはきっとあるはず!
2017年3月31日掲載、聞き手は中村宏之(読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員)さん。全篇は下記でお読みいただけます。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9238

「現代詩手帖」野村喜和夫さんの特集に吉田文憲さんの『芭(塔(把(波』論が掲載されています

発売中の「現代詩手帖」2017年4月号、特集「野村喜和夫と現在」に、吉田文憲さんによる『芭(塔(把(波』論が掲載されています。
音とは何か。それを表記する漢字とは何か。またその傍らの小さなカタカナ、ルビとは何か。ルビを野村氏は「微小な翻訳空間」といっている。これがこの詩集の一つの発見だともいえようか。(略)象徴的にいえば、この、

芭(塔(把(波

の、こういってよければクレオール的な混成言語、翻訳言語、漢字の問題、その表記のズレとルビのあいだを旅したのである。
本特集の目次などは、思潮社のHPをご参照ください。

4/10 (月) 伊藤毅先生による基調講演「危機と都市」@東京大学復興デザイン研究体2017年度オープニングセッション

2017年4月10日、東京大学の復興デザイン研究体の「減災・復興実践学」2017年度オープニングセッションにて、『危機と都市 Along the water』の編著者、伊藤毅先生の基調講演が行われます。

日 時:2017年4月10日(月)16:00〜
会 場:東京大学工学部14号館222番教室
プログラム:
   はじめに
   基調講演:「危機と都市」伊藤毅
   パネルディスカッション:
    角田陽介(国土交通省、前大船渡副市長)+伊藤毅+窪田亜矢(都市工学)、司会=田島芳満(社会基盤、海岸工学)

都市がいかに自然災害と向き合って来たか。本書は、洪水や津波など主として水との関係に着目し、都市が経てきた時間、領域の変遷、さらにはその危機の経験が建築はもちろんたとえば文学に至るまで文化的なものにまで影響を与えているようすを、日伊の都市研究から浮かび上がらせます。東日本大震災からの復興へ、都市史研究からいかなるものを得ることができるのか。プロジェクトを主導した編著者のひとり、伊藤毅先生の講演にご注目ください。

『高校生と考える人生のすてきな大問題』がブログ「私立学校研究」で紹介

神奈川県の私立桐光学園で行われた連続特別講義をもとに書籍化され、高校や中学の現場に立つ先生たちにもよく読まれている『高校生と考える〜』シリーズ。2017年3月末刊行の最新刊『高校生と考える人生のすてきな大問題』が、私立学校研究で知られる本間勇人さんのブログ「私立学校研究(C)ホンマノオト」で取り上げられています。

☆400ページ強の圧巻の書であるが、もう15冊目。この授業は20年弱実施しているのだろう。継続は力なりではもちろんあるが、何より知の最前線の歴史的変遷がわかる貴重な日本の知の最前線史の資料としての価値もある。

☆これは、東大や京大の大学入試問題を分析していく過程でもわかるのだが、桐光の「大学訪問授業」の資料の方がダイレクトだし、その量も多い。なんといっても多様な分野の授業が行われているから、横断的な視点の進化過程も了解できる。

☆いずれもおもしろい授業なのだが、森田真生氏の数学が人生の活路を開き世界を変えてしまう話は最高。放物線を見て、そこからデカルトが帝国から近代社会にパラダイム転換する世界を生み出す話など、数学嫌いの私でもワクワクする。

☆中学数学の教科書は、19世紀末までの数学の標本で、高校の数学教科書になると19世紀末に生まれた現代数学以降の標本であるなんて発想に行きつくところもスリリングだ。数学的思考が歴史の次元をヴァージョンアップさせてきたなんてことが、教科書を眺めてかなたに見えるなんてなるほど人生のすてきな大問題だ!

☆それから、内藤千珠子氏の≪見えない暴力と「私」の居場所≫が、これまたスリリング。かつて「普通」だと思われてきた領域が縮小し、その「普通」を保守するために、「普通」からはみ出した領域の人々を排除する≪見えない暴力≫の存在を暴露していく。

☆世界を変えるというのは、変えたいからという欲望からでてきているのではない。変えなければならないのっぴきならないニーズがいまここに顕れているからなのだ。その世界の痛みを引き受ける知性の塊がこの大学訪問授業であり、その書である。

「私立学校研究」2017年4月1日:クリエイティブクラス≪05≫ 桐光の知 世界の痛みを引き受け数学的思考で新しい世界を開く

本間勇人さんは、日能研でカリキュラム開発、評価開発に携わったのち、NTS教育研究所を設立、私立教育を中心にブログで情報発信、評論活動を続けている第一人者のひとりです。ご紹介ありがとうございます。

4/1 (土) 『危機と都市』ミニプレゼンテーション@イタリア文化会館

来る4月1日、イタリア文化会館にて、都市建築史の第一人者で、日本の近世都市からイタリア、フランス、ベトナム、キューバなど幅広いフィールドを対象にしている伊藤毅先生(東京大学教授)が、2017年1月に刊行した『危機と都市 Along the water』のミニプレゼンテーションを行います。
3.11をきっかけに、都市と、主として水に関わる危機とを論じた注目の国際論集。当日、会場でも販売いたします。

日 時:2017年4月1日(土)14時〜14時45分
会 場:イタリア文化会館東京(東京・九段 〒102-0074東京都千代田区九段南2-1-30/Tel: 03-3264-6011(代表)/iictokyo@esteri.it)
参 加:入場無料(予約不要)、イタリア文化会館「イタリアブックフェア
*予約は不要です。B2のホワイエスペースでのオープンなレクチャーです。ご参加お待ちしております。

★伊藤毅先生の登壇の予定でしたが、編者のひとりであるフェデリコ・スカローニ先生(建築家、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻客員研究員)に変更になりました。

3/29 (水) トミヤマユキコ×清田隆之トークイベント

『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ』刊行を記念して、本屋B&Bにてトミヤマユキコさんと清田隆之さんのトークイベントを開催します。

トミヤマさんと清田さんの、学生時代の苦い思い出や、本書で語られた現役大学生事情から見えてくる、大学生活の転び方と立ち上がり方とは!?
学生生活に失敗したくないけど、キラキラ大学生になりたいワケでもない大学1年生のみなさまとその親御さんはもちろんのこと、新しい環境に踏み出そうとしているみなさま必聴のイベントです!
当日は相談コーナーも設けておまちしております。



新入生必聴!大学生活の転び方と立ち上がり方とは!?
出演 _ トミヤマユキコ(ライター・大学講師)×清田隆之(桃山商事代表)
時間 _ 3/29日(水)20:00~22:00 (19:30開場)
場所 _ 本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料 _ 1500yen + 1 drink order