空腹のハムレット 85歳、人生劇場

空腹のハムレット

85歳、人生劇場

久米宏さん推薦!戦後浦和のノスタルジー漂う、酔いどれジャーナリストの人生の物語

書誌情報

定価
1,980 円(税込)
電子書籍価格
1,760 円(税込)
ジャンル
刊行日
2021年12月24日
判型/ページ数
四六判 並製 248ページ
ISBN
978-4-86528-065-4
Cコード
C0095
装幀・装画
松田行正+杉本聖士/装幀、轡田千重/表紙イラスト

内容紹介

85歳を迎えたジャーナリストが、腹ペコだった少年時代のかけがえのない日々を語るノスタルジックエッセイ。
シェイクスピアに立原道造、シェンキーヴィッチに丸谷才一に和泉式部。古今東西の書物に導かれ、言葉から言葉へ、過去から現在へと想いはめぐる。
戦後、1949年の浦和。別所沼を見下ろす中学校で、サッカーに打ち込んでいたあの頃。坪内逍遙の訳語の難解さに頭を悩ませながら、クラスメートと一緒になんとか作り上げた『ハムレット』の劇。B29に東京裁判、墨塗り教科書。デッサン用のリンゴを盗み食いするぐらい腹ペコだったけど、怖いものなどなかった。
タイツ替わりに股引きはいて、堂々とハムレット役を演じたあの体験が、その後のジャーナリスト人生へと繋がっていた。
少年時代からいつも変わらず自問自答するのは、「人間って何だ?」というハムレットの言葉だった──

目次

前口上

第一幕 風渡る沼の神
第一場 「隠沼」
第二場 詩人の魂
第三場 地霊まします土地
第四場 ちんぼこたろう

第二幕 ハムレットの方へ
第一場 空襲の夜
第二場 黒衣のテイショー
第三場 坪内逍遙
第四場 キック・オフの笛

第三幕 天まで飛ベ
第一場 名セリフを探す
第二場 ヒトゴロシ イロイロ
第三場 ガリ版に刻む
第四場 配役きまる

第四幕 さあ本番だ!
第一場 鉢巻きしめて
第二場 ローレンス・オリヴィエ
第三場 主よいずこへ行きたまう?
第四場 「言葉」との出会い

第五幕 「空寂」と「沈黙」
第一場 『ハムレット』を観る
第二場 叫ぶハムレット
第三場 死にゆく者たち
第四場 未完の運命

第六幕 時空を超えて
第一場 七つの独白
第二場 和泉式部とハムレット
第三場 響映の輝き

作後贅言

住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.