いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん

いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん

小泉今日子さん推薦!私にとっての「自由」とは、食べたいものを、自分の手で作れるということ──

書誌情報

定価
1,870 円(税込)
電子書籍価格
1,870 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年03月28日
判型/ページ数
B6判 並製 160ページ
ISBN
978-4-86528-071-5
Cコード
C0077
重版情報
2
装幀・装画
三木俊一(文京図案室)/デザイン

内容紹介

「今井さんのレシピは間違いない!」とSNSや各種媒体で人気の料理家・今井真実。 旬の食材を使い、いつもの食材の新しい美味しさを引き出す「今井家の定番」34レシピと、季節の食をめぐる書き下ろしエッセイ14篇を、美しい写真とともにまとめました。
春・梅雨・夏・秋・冬・正月……季節のうつろいを愉しみながら、「読むレシピ本」としてずっと手元に置いておきたい一冊です。


この本は私の友達だ。
自分を見失いそうな時、そっと寄り添って、優しく話を聞いてくれる。
そんな友達が私の本棚にあることは、とても頼もしい。(小泉今日子)


私は食べることと同じくらい、料理をすることが好きです。
それは作るという行為が好き、というのとは少し違います。食べたいものを、自分の手で作れるという「自由」が好きなのです。
料理が出来るというのは、何もお魚がさばけたり、天ぷらを上手に揚げられる人のことを指すのではありません。自分のお腹や気持ちに合わせて、ご飯を支度できることを言うのではないでしょうか?
人によって、食べる量も好みの味も違います。当たり前のようなことですが、自分の料理ならそれも調整出来ます。たとえば小腹が減った時に、ちびっこいおにぎりを作って頬張ると、それはそれは幸せです。少しだけ梅干しをちぎって入れて、海苔なんてパリッと巻けば最高のおやつ。一口でぱくりと食べられるサイズがちょうどいい。これが私の「自由」なのです。
(「はじめに」より)

目次

はじめに


にらのバジル炒め
鯛と生ハムちらし
ブロッコリーの水ソテー
たけのこのマスタードシード炒め
新玉ねぎと新じゃがの酢豚
菜の花とスナップエンドウ、アスパラの出汁びたし
にんじんトマト

覚醒する春の子ら
〈エッセイ〉
春のしるし
ああ忘れがたき愛しの酢豚
レシピの作り方と、毎日の料理
お花見こんくらべ

梅雨
梅干し
梅ピュレ
完熟梅のスパイス砂糖漬け

自慢の手前梅

ナンプラーバター枝豆
真夏のチキンカレー
シャインマスカットとブルーチーズのサラダ
みょうがの味噌焼き
たこの葱まみれ
きゅうりのフライ
冬瓜、パンチェッタ、あさり、生姜、葱のスープ

いつかの夏の幻
〈エッセイ〉
やさいぎらい
キャンプが好きと言いつつも
老い!
夏のある一日のこと


柿モッツァレラ春菊
蓮根のパリパリチーズ
砂肝のコンフィ
舞茸カレーせんべい
かぼちゃのシナモンバターロースト
鮭となすの醤油煮
さつまいもごはん

イモちがいの食卓
〈エッセイ〉
いつか落ち葉で焼き芋を
夫の料理
運動会は三段重で勝ちに行く


白菜のクリームグラタン
牡蠣のパスタ
長芋のねぎ炒め
ビーフシチュー
ビーツのポタージュ
大根と花椒の香り漬け
ローストチキン

ごめんなさいのセロリ鍋
〈エッセイ〉
好き嫌いなんて知らないよ
トーストと人格
涙のおうどん、夢見るステーキ

正月
たたきごぼう
海老の旨煮
紅白なます

おせちにおねがい
おわりに

素材別さくいん

『いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん』に関する情報

著者プロフィール

今井真実

今井真実 (イマイ・マミ)

料理家。神戸市生まれ。「作った人が嬉しくなる料理を」という考えを元に、雑誌、ウェブ媒体、企業広告をはじめ、多岐にわたるレシピ製作を担当。noteに綴るレシピやTwitterでの発信が注目を集める。世田谷で料理教室「nanamidori」を不定期で主催。著書に『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』(KADOKAWA)。
noteTwitterInstagram
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.