ふつうの未来

ゆず湯の柚子つついて恋を今している

書誌情報

定価
1,980 円(税込)
電子書籍価格
1,980 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年06月23日
判型/ページ数
B6判 並製 146ページ
ISBN
978-4-86528-088-3
Cコード
C0092
装幀・装画
佐野裕哉/装幀

内容紹介

よく、どさっと俳句が届いたものだった。私は簡単に、いいわね、などとは言わなかった。ダメ出しを繰り返した。彼はめげなかった。――池田澄子

若手俳句アンソロジー『新撰21』『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』でも軽やかな口語俳句で注目を集めた著者、待望の第一句集。みずみずしい青春時代から、大人になった「未来」への変遷を鮮やかに描きだす230句。



〈収録句より〉
冬の金魚家は安全だと思う
思い出せば思い出多し春の風邪
いい風や刈られてつつじらしくなる
コーラの氷を最後には噛む大丈夫
ひこばえや喉は言葉を覚えている
肝臓の仕事思えば金亀虫
きりぎりす眠くても手紙は書くよ
さくらさくら吸う息に疫病居るか
風光る消毒疲れなる指に
枇杷の花ふつうの未来だといいな

 

目次

序 池田澄子
Ⅰ 十八歳
Ⅱ 花火なう
Ⅲ 春を暮らす
Ⅳ 柚子は黄に
Ⅴ 三十一歳
あとがき

『ふつうの未来』に関する情報

著者プロフィール

越智友亮 (オチ・ユウスケ)

一九九一年  一月十六日広島市生まれ
二〇〇三年  甲南中学校在学時に句作開始
二〇〇六年  第三回鬼貫青春俳句大賞受賞
二〇〇七年  池田澄子に師事

共著に『セレクション俳人プラス 新撰21』(二〇一〇年 邑書林)
『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』(二〇一七年 左右社)
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.