くちびるにウエハース

くちびるにウエハース

伝説の句集『脱衣場のアリス』から21年、待望の新作。

書誌情報

定価
1,980 円(税込)
電子書籍価格
1,980 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年06月28日
判型/ページ数
四六判 並製 144ページ
ISBN
978-4-86528-090-6
Cコード
C0092
装幀・装画
北野亜弓(calamar)/装幀、久保田寛子/装画

内容紹介

〈私〉たちの言葉で、世界をはみだし続ける川柳作家・なかはられいこ。地に足のついた場所から光をともなって描かれる作品をベースに、アメリカ同時多発テロ事件をテーマとして高く評価された連作「2001/09/11」を含む、全219句を収録。

作品のことばに、不思議なひかりがやどり、あるいは、切なげなかげりが広がる。それら全てを吸収して、作品の世界の豊穣に繋げたのが、本書『くちびるにウエハース』だ。実に二十一年ぶりとなる第三句集である。(荻原裕幸「解説 無敵のアリス」より)



〈収録句より〉
ぼくたちはつぶつぶレモンのつぶ主義者
約束を匂いにすればヒヤシンス
ポケットを出るまで指は鳥でした
いとこでも甘納豆でもなく桜
ともだちがつぎつぎ緑になる焦る
行かないと思う中国も天国も
無花果と柘榴どちらが夜ですか
ひじき、ひじき、踊ってくださいと言う雨だ

【FUDGE】栗田奈緒子さんが『くちびるにウエハース』をご紹介

目次

ぼくの女神
無敵
ウエハース
非常口
2001/09/11
狩野派の雲
とと、とと、と
魏呉蜀
なんか、ごめん
終わる平成
式次第
塩、胡椒

解説 無敵のアリス 荻原裕幸
あとがき

『くちびるにウエハース』に関する情報

著者プロフィール

なかはられいこ (ナカハラ・レイコ)

1955年、岐阜市生まれ、川柳作家。2004年3月、歌人の荻原裕幸氏、丸山進氏らと、ねじまき句会を立ち上げる。2010年、朝日新聞「東海柳壇」選者。著書に『散華詩集』(川柳みどり会/1993)『脱衣場のアリス』(北冬舎/2001)、共著に『現代川柳の精鋭たち』(北宋社/2000)『はじめまして現代川柳』(書肆侃侃房/2020)、編著に『大人になるまでに読みたい15歳の短歌・俳句・川柳 ③なやみと力』(ゆまに書房/2016)。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.