ハワイ、蘭嶼 [旅の手帖]』著者:管啓次郎

ハワイ、蘭嶼

[旅の手帖]

ハワイと台湾南端の蘭嶼の風と光を伝える文章から、島の音響が聞こえてくるエッセイ。

書誌情報

定価
1,870 円(税込)
ジャンル
刊行日
2014年12月24日
判型/ページ数
B6判 並製 152ページ
ISBN
978-4-86528-119-4
Cコード
C0095
装幀・装画
五十嵐哲夫/装幀

内容紹介

まったく新しい旅の本のシリーズが始まります。第一弾は、旅のエッセイといえばこの人、管啓次郎さん。ハワイと台湾南端の蘭嶼の風と光を伝える文章から、島の音響が聞こえてきます。 ひとと緑と風が美しいカラー写真64ページ!

目次

ハワイ 海に浮かぶ花びら
蘭嶼 アリバンバンの島
島旅のあとで あとがき

『ハワイ、蘭嶼 [旅の手帖]』著者:管啓次郎』に関する情報

著者プロフィール

管啓次郎 (スガ・ケイジロウ)

1958年生まれ。詩人、比較文学者。これまでの詩集に『数と夕方』、地・水・火・風の四大元素を主題とした『Agend’Ars』『島の水、島の火』『海に降る雨』『時制論』4部作(いずれも左右社)がある。各地での招待朗読や詩祭への参加のほか、「朗読劇銀河鉄道の夜」の活動を続けている。主な著書に『コロンブスの犬』『狼が連れだって走る月』(いずれも河出文庫)、『本は読めないものだから心配するな』『ストレンジオグラフィ』(いずれも左右社)、『斜線の旅』(インスクリプト、読売文学賞)、小池桂一との共著『野生哲学』(講談社現代新書)、『The Dog Book』(NOHARA)のほか、翻訳書多数。明治大学理工学部教授(批評理論研究室)、理工学研究科総合芸術系PAC(場所、芸術、意識)プログラム教授。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.