エリカについて

エリカ! 12年待っていた。読みたかった。やっと出た。──伊藤比呂美 

書誌情報

定価
2,200 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年08月31日
判型/ページ数
四六判 上製 116ページ
ISBN
978-4-86528-333-4
Cコード
C0092
装幀・装画
服部一成/装幀

内容紹介

私たちの、新しい詩集登場。小野絵里華待望の第一詩集刊行!


 

身を任せる。揺られる。
そこで持ち続けるべきは自分の信念などではなく、
言葉で作られた世界をどこまでも漂おうという、純粋な好奇心。
だと思う。──玉城ティナ

 

地球上の生活がぜんぶエリカで、エリカが詩だった──伊藤比呂美

 


 

朝がくるたび、 わたしたちは生まれる。
苦しみを抱えながら、ただ静かに呼吸している。
生まれてくることは しんどいことだ。
それでも朝焼けがきて、 わたしたちはやわらかな光に包まれている。
今日もせかいは、透明なかなしみがきらめいている。


不確かで、それでも透明でキラキラした朝を私たちは待ってる──
ユリイカ新人賞で鮮烈にデビューした小野絵里華、注目の第一詩集!




 

夜になると、わたしは言葉をひとつずつ殺していくことに夢中になる。本当には殺さない。睡眠薬を投与していくのだ。ゆるり、骨をなくして。輪郭をなくして。 彼らはどこかに帰っていく。もとあった場所に収まる。せかいの表面はさざ波だ。そんな時、わたしはいつもひとりだ。
「あとがき 喋りすぎた朝」

目次

現代の恋愛
宇宙を孕む
広場
星ノ紅茶
焼き鳥を食べる会
胃痛の夜
初夏の記憶
金魚姫
夏の胎児
流体時計はめぐる
名無しの子
春の労働
眠れない夜
湯屋へ行く
悲しみの犬
エリカについて
わたしは詩を書きたかった

『エリカについて』に関する情報

著者プロフィール

小野絵里華 (オノ・エリカ)

詩人。
2010年「ユリイカ」の新人賞を受賞。詩集に『トイレに神様なんかいない』(2018年 私家版) 歌集に『金魚は炭酸水では生きていけない』(2020年 私家版)
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.