腿太郎伝説(人呼んで、腿伝)

腿太郎伝説(人呼んで、腿伝)

深堀骨:著者

ハイコンテクスト・ハイファンタジー・ハイテンション! 稀代の「桃太郎」メタ・ノヴェル!!

書誌情報

定価
2,090 円(税込)
電子書籍価格
2,090 円(税込)
ジャンル
刊行日
2023年02月24日
判型/ページ数
四六判 並製 288ページ
ISBN
978-4-86528-360-0
Cコード
C0093
装幀・装画
森敬太/装幀 カワシマナオト/装画

内容紹介

ノーブレーキで突っ走る文体に乱れ飛ぶ人間兵器、「桃太郎」を大胆に再構築した冒険活劇。
ページをめくれば予測不能なストーリーテリングの虜に!
鬼才・深堀骨が二十年ぶりに放つ、待望の大傑作長編に刮目せよ!!!

岸本佐知子さん推薦!
「絶対に、絶対に、絶対に✕∞…翻訳不能! いろんな意味で!」

あらすじ
昔昔のワンス・アポン・ア・タイム、と云っても然程昔ではない程度に昔、あるコミュニティにGさんとBURさんが棲んでいた。
ある日、Gさんが山へシバきに(その実はシバかれに)いってる間に川へ選択にいったBURさんは、若い女の腿を拾う。腿を切ると、中から異様に大きな逸物を持つ赤子が生まれた。二人は腿から生まれた赤子を「腿太郎」と名付けて育てる。
成長し、コミュニティ内の風呂屋〈湯気湯〉の三助となった腿太郎は、自らの出生の謎を解くため、犬(名前は「猫」)、猿(コスプレ)、キジ(丼)、それ以外の愉快な(?)仲間たちと共に〈鬼ヶアイランド〉を目指す……

目次

『腿太郎伝説(人呼んで、腿伝)』に関する情報

著者プロフィール

深堀骨 (フカボリ・ホネ)

小説家。1966年生。1992年「蚯蚓、赤ん坊、あるいは砂糖水の沼」で第3回ハヤカワ・ミステリ・コンテストに佳作入選。以来『ミステリマガジン』『SFマガジン』等で中短篇を発表。著書に『アマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記 』(早川書房)、共著に岸本佐知子編『変愛小説集 日本作家編』(講談社)がある。のん=能年玲奈をこよなく愛す。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.