DRAWING ドローイング

点・線・面からチューブへ

ティム・インゴルドも注目。ドローイングとはあらゆる時空を超えるための滑走路である!

書誌情報

定価
2,640 円(税込)
ジャンル
刊行日
2023年09月20日
判型/ページ数
四六判 上製 284ページ
ISBN
978-4-86528-384-6
Cコード
C0071
装幀・装画
松田行正+杉本聖士/装幀、鈴木ヒラク/装画

内容紹介



ラインをチューブと捉える。
そうすることで鈴木ヒラクは、私たちの生きるこの世界の見方に革命を起こすだろう。
ティム・インゴルド


類書なきドローイング原論!
ドローイングとはなにか? いまなぜ、ドローイングは世界的に重要視されているのか?
その答えは、描かれたラインを「チューブ」として捉えたときに見えてくる──

国際的に注目されるアーティスト・鈴木ヒラクが書き下ろす渾身の〈ドローイング原論〉。

・描く/書くことは、この世界に生きることそのものである
・宇宙は無数の線の束であり、人類もまた洞窟壁画の昔からドローイングし続けてきた
・人類だけでなく、虫も鳥も植物も、石や天候、天体もこの宇宙に線を描いている
・ラインは分割と分断を生む、だがチューブは空間と時間を接続し、関係させ、交通を生む
・ルネッサンス以来、ドローイングはペインティング(絵画)に比べ、不当に評価されている
・ドローイングとは、いまここにある未知を発掘することである
・線をたどりなおすとき、未来にも過去にも私たちは触れることができる
・この世界にあふれるあらゆる痕跡は、未知へと飛び立つための滑走路だ
・HIP HOPなどの音楽、ダンス、ラップ、写真、都市論、子供の遊び、漫画、農耕、登山、医療から教育にまでドローイングの可能性は拡張する

本書に登場するアーティストたち
W・バロウズとブライオン・ガイシン、M・トビーやH・ミショー、オノ・ヨーコ、
比田井南谷や井上有一、J・ケージやトリシャ・ブラウンなど20世紀のドローイングの中心人物たちに加え、
現在のドローイング・シーンの最先端をひらくジュリー・メレトゥ、モニカ・グルツィマラらを紹介。
オーネット・コールマンなどのフリージャズ奏者たち、DJプレミア、キング・タビー、アーサー・ラッセルなどの音楽家、そして石川九楊、吉増剛造、鈴木昭男、Shing02、Rekpo(MAREWREW)など著者がコラボレートしてきたアーティストまで、ドローイングから捉えなおす現代芸術史としても読める一冊。

本書で触れられる先人たちの言葉
「ドローイングは、いまも基本的に古代から変わっていない」キース・ヘリング
「一本の線において重要なのは、それがつねに中間であり、始まりでも終わりでもないことだ」ジル・ドゥルーズ
「線を散歩に連れて行く」パウル・クレー
「ドローイングとは身ぶりと言葉の接合だ」アンドレ・ルロワ=グーラン
「道とは、閉ざされた世界から脱出するために、自らうち開くべきものである」白川静


子供たちが無心に線を引き、植物が伸びてゆき、風が壁に痕跡を残す。
そんなふうにこの世界にあふれるドローイングを、タイムカプセルとして、
対話として、現在進行形で生きていくこととして捉えなおす、世界の見方が変わる一冊。
【古今東西のアーティストのドローイング、著者の作品に加え、粘菌からワームホール、カフカの手稿からコルトレーン自筆の楽譜まで、図版多数掲載】



危機とともに生きる宇宙時代に、世界の輪郭は目まぐるしく変化していく。安全な場所から、ゆっくりそれを描写している場合ではない。むしろ現在進行形で、世界と自らとの関係性を常につなぎ直していく方法としてドローイングを活かさなければならない。旧石器時代の人類が、洞窟の外の危険を含んだ時間と空間の広がりに接触するときに、世界と自己とを翻訳し、把握するためにドローイングを発明したように。分断や危機があるからこそ、接続や逸脱への意志もまた生まれる。いま、生きるためのドローイングが必要な時代なのだ。(本書より)

【毎日新聞】鈴木ヒラク『DRAWING ドローイング』の書評が掲載されました

目次

長いまえがき
第1章 ドローイングとチューブ1
 あらゆる線は境界線である/線は接続し、分割する/チューブが交通を生む/
 都市の網と遊べ/道具としてのチューブ/身体=チューブ/精神もまたチューブである

第2章 ドローイングとチューブ2
 線の進歩主義/線を生きる/描写するか呼応するか

第3章 ドローイングと発掘
 未来を思い出す/ドローイングという考古学/ドローイングを発見する/
 人間なきドローイング/自然と人間の境界上に現れるドローイング/
 人間の内側から発掘されるドローイング

第4章 ドローイングと書くこと
 子供という古代/「かく」ことの構造/マーカーが発掘するもの/雑草がかく/
 離陸するエクリチュール/描くと書くの探究史/ネガティヴハンドとグラフィティ/
 大気、そして農耕・登山/穴を開けること/ラップというドローイング/光の記号/
 未知に触れるスタイル/複数性へと向かうドローイング

第5章 ドローイングと空間・時間
 都市のコウモリ/脳、網、粘菌/チューブ、ロープ、テープ/伸び縮みする線/
 身体という楽器/ドローイングの魔法/H‌I‌P H‌O‌Pとダブ/写真術とドローイング

第6章 ドローイングと対話
 糸電話がつなぐもの/媒介としてのドローイング/テレドローイング/
 ドローイング・オーケストラへ/他者の線と出会うこと/ライブでかくということ

あとがき

引用文献一覧/図版出典一覧/鈴木ヒラク作品・パフォーマンス/人名索引

『DRAWING ドローイング』に関する情報

著者プロフィール

鈴木ヒラク

鈴木ヒラク (スズキ・ヒラク)

1978年生まれ。アーティスト。
東京藝術大学大学院修了後、シドニー、サンパウロ、ロンドン、ニューヨーク、ベルリンなどの各地で滞在制作を行なう。「描く」と「書く」のあいだを主題に、平面・彫刻・映像・インスタレーション・パフォーマンスなど多岐に渡る制作活動を展開し、ドローイングの拡張性を探求している。主な個展に「今日の発掘」群馬県立近代美術館(2023年)があるほか、国内外の美術館で多数の展覧会に参加。音楽家や詩人らとのコラボレーションやパブリックアートも手がける。 主な作品集に『GENGA』(河出書房新社 、2010年)、『SILVER MARKER』(HeHe、 2020年)がある。

『DRAWING ドローイング』の感想をおくる

住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.