ぼやいて、聞いて。

芸人だけど、つるめない。

書誌情報

定価
1,870 円(税込)
電子書籍価格
1,760 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年07月29日
判型/ページ数
四六判 並製 232ページ
ISBN
978-4-86528-097-5
Cコード
C0095
装幀・装画
松田行正+杉本聖士/装幀、史緒/装画

内容紹介

とんちんかんなプレゼントを贈っては相手を困惑させ、とある社長に連れられた飲み会から逃げ帰り、かと思えば苦手な先輩と「年に一度だけ決まった日に必ず会う」というルールを自らに課してみる……。「人付き合いが苦手」を公言するナイツ・塙宣之が、それでも人と関わりながらたどり着いた、初の人生哲学エッセイ!


気づけば齢四十を超えました。

今日も寄席やラジオや家の中で、誰かになにかを伝えているし、誰かの話を聞いています。たくさんの人と関わりながら、暮らしを営んでいます。人付き合いが苦手な自分が、よくこんなことをできているなあ、と感心してしまうこともしばしばです。
人との交わりが得意ではない人、つるむことがどうにも苦手な人、きっと僕のほかにもたくさんいると思います。他人と上手く関係を結ぶことに挫折して、そのまま人間関係の諸問題から逃げっぱなしの人もいるかもしれません。でも、「人付き合い」ってテーマから逃げ続けることはなるべくしないほうがいい。「人付き合い」を無視する行為は、不幸を招きがちで、そして不幸はなるべく少ないほうがいいからです。

いえ、最初に言ったように、僕も人間関係でたくさんのしくじりを重ねてきました。でも人付き合いからは逃げずに、なんとかやってきました。ああでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返しながら他人との関係を築き、ここまで生きてきました。これが果たして成功体験なのか、と問われれば言葉は濁るばかりですが、でもとりあえず、様々なつまずきを曲がりなりにも乗り越えてきた自負はあります。

そんなつまずきと反省と工夫の軌跡を、いまのタイミングで書いておこうかな、という気になりました。

(「はじめに」より)

【日経新聞】『ぼやいて、聞いて』著者インタビュー掲載
【サンデー毎日】『ぼやいて、聞いて。』著者インタビュー掲載

目次

はじめに 僕はつるまない

第一章 とりあえず「人間関係」についてぼやきたい
第二章 それはそれとして「漫才」についてもぼやきたい
第三章 ついでだけど「違和感」についてもぼやきたい
第四章 なにはともあれ「雑念」についてぼやきたい
第五章 結びになりますが「言葉」についてぼやきたい

おわりに 喋ったぶんだけ聞きたいし、聞いたぶんだけ喋りたい

『ぼやいて、聞いて。』に関する情報

著者プロフィール

塙宣之 (ハナワ・ノブユキ)

芸人。1978年3月27日、千葉県生まれ。漫才協会副会長。2000年にお笑いコンビ「ナイツ」を土屋伸之と結成。08年以降3年連続でM-1グランプリ決勝進出。THE MANZAI2011準優勝、漫才新人大賞、平成25年度文化庁芸術祭大衆芸能部門優秀賞、平成28年度芸術選奨大衆芸能部門文部科学大臣新人賞など受賞多数。主な著書に『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(集英社新書)『極私的プロ野球偏愛論 野球と漫才のしあわせな関係』(ベースボール・マガジン社)など。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.