「翻訳問答」シリーズ第三弾! 翻訳ってこんなに型破りでいいの? 各ジャンルの豪華ゲストを迎え、多言語を横断する翻訳合戦が開幕!

書誌情報

定価
1,980 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年08月30日
判型/ページ数
四六判 並製 240ページ
ISBN
978-4-86528-098-2
Cコード
C0090
装幀・装画
鈴木千佳子/装幀

内容紹介

Blowin' In the Windの訳は、「答えなんかほっておけ」?! 翻訳ってこんなに型破りでいいの?
待望の「翻訳問答」シリーズ第三弾!
各ジャンルの豪華ゲストが参戦。
横尾忠則氏によって、ボブ・ディラン『風に吹かれて』が宇宙的解釈でよみがえる。
「まるでカフカ!」な、多和田葉子氏訳の『おくのほそ道』を堪能。
ロッカー魂が炸裂する翻訳、ダイアモンド✡ユカイ氏のイーグルス『ホテルカリフォルニア』。
ミッチェル『風と共に去りぬ』をテーマに繰り広げられる、翻訳家・斎藤真理子氏との「翻訳家あるある」。
今回は英語だけでなく、ドイツ語、韓国語まで横断し、翻訳や言語の自由さ・面白さを探っていく。
作家の呉明益さんと温又柔さん、翻訳者の天野健太郎さん、鴻巣友季子さんの特別座談会も収録(『早稲田文学』2015年冬号に掲載)。台湾の文学や言語の歴史、複数の言語をまたぐ文学作品の翻訳について語りつくす。

目次

はじめに
翻訳問答のルール

横尾忠則 BLOWIN’ IN THE WIND
答えなんかほっておけ/風に吹かれて

多和田葉子
HATEFUL THINGS(THE PILLOW BOOK)&
THE TRAVELLERS OF ETERNITY (THE NARROW ROAD TO OKU)

ふゆかいなもの 百代の過客/むかつくこと 久遠の旅客/にくきもの 百代の過客

ダイアモンド☆ユカイ HOTEL CALIFORNIA
ホテル・カリフォルニア/ホテル・カリフォルニア

斎藤真理子 GONE WITH THE WIND
風と共に去りぬ/風と共に去りぬ

【座談会】呉明益+ 温又柔+ 鴻巣友季子( 通訳= 天野健太郎)
多言語の交錯するほうへ − 『歩道橋の魔術師』を通じて

本書でふれた翻訳書および現代語訳など

『翻訳、一期一会』に関する情報

著者プロフィール

鴻巣友季子 (コウノス・ユキコ)

東京生まれ。翻訳家。主訳書に、J・M・クッツェー『恥辱』『イエスの幼子時代』『イエスの学校時代』、マーガレット・アトウッド『昏き目の暗殺者』『獄中シェイクスピア劇団』『誓願』、アマンダ・ゴーマン『わたしたちの登る丘』など多数。同時代文学の翻訳紹介とともに、古典の新訳と研究にも力を注ぐ。2003年、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の新訳が大きな注目を集め、ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』、マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』などの他、シェイクスピア『ロミオとジュリエット』の小説版翻案も手がけ、解説書『謎とき『風と共に去りぬ』』は誰もが知る古典作品に新たな光を当てた。 翻訳に関する著書も多く、『翻訳問答』(片岡義男との共著)や『翻訳問答2』をはじめ、『明治大正—翻訳ワンダーランド』『翻訳ってなんだろう?』『翻訳教室—はじめの一歩』など多数。大学で翻訳の教鞭をとる。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.