心の壊し方日記

真魚八重子

兄の死とリボ払いの借金、母の認知症、夫の癌発症、自身の鬱とセルフ・ネグレクト……気鋭の映画批評家である真魚八重子が自身の5年間の体験を苛烈に綴ったはじめてのエッセイ。

書誌情報

定価
1,980 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年10月30日
判型/ページ数
四六判 200ページ
ISBN
9784865283396
Cコード
0095
装幀・装画
アルビレオ/装幀|西祐佳里/装画

内容紹介

2018年のクリスマスの夜、黒猫を飼いはじめた真魚のもとに10歳違いの兄の訃報が届いた。8年ぶりに疎遠だった実家に戻るとそこはゴミ屋敷となっていた――。

 

これは彼女だけの物語そしてわたしたちの人生にも共通する話

――植本一子

 

    【本文より】

長文のファックスが届いた。〈中略〉「金属バットで家族を皆殺しにしようと思ったこともあります」などと書かれていた。

   ***

舅と嫁が言い争いになることはあったとしても、大声をあげて怒鳴りあうのは珍しいと思う。そのうち兄との関係も険悪になっていき、母から電話で聞いたところでは、兄嫁は家の中ですら兄を避けるようになったらしい。台所で兄がいるテーブルを迂回して歩くなど、露骨な嫌悪感を示していたようだ。

   ***

もし自殺未遂で呆れた夫に離縁されるようなことがあっても、下町の風呂なしの3万くらいの部屋で慎ましく暮らしていけばいい。ゴキブリや変質者が出るかもしれないけれど、そこでも何かしら楽しみは見つけられるだろう。お笑い番組を見ながら、ルマンド3本をつまみに焼酎をコップ1杯チビチビ飲むとか。

目次

兄の死 
兄の正体 
母の問題 
家 
家計のトラブル 
夫の手術 
本棚 
母の意固地さと次兄 
骨董屋 
お金の不安にとり憑かれる 
介護施設の見学 
施設への入居 
遺言書 
母の死 
炎上 
2021年2月 
保護入院 
ルマンド 
Twitterの退会 
オコエ 
あとがき 

『心の壊し方日記』に関する情報

著者プロフィール

真魚八重子 (マナ・ヤエコ)

愛知県生まれ。映写技師を経て映画ライター。「朝日新聞」、「週刊文春CINEMA!」、「夜リラタイム」、「ぴあ」等に執筆。著書に『映画系女子がゆく! 』(青弓社)、『映画なしでは生きられない』、『バッドエンドの誘惑 なぜ人は厭な映画を観たいと思うのか』(洋泉社)、『血とエロスはいとこ同士  エモーショナル・ムーヴィ宣言』(Pヴァイン)。その他共著多数。

住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.